自宅に警察が来た… 男の取った行動に「なんでこんなことを…」と衝撃

しらべぇ / 2019年5月13日 13時30分

写真

(akiyoko/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

11日、愛知県・名古屋市で38歳の男が「公務執行妨害」の疑いで現行犯逮捕された。男が逮捕された時の行動が世間を騒がせている。

■ナイフを持った男が…

報道によると、逮捕前日の夜9時ごろ、男の自宅の近隣住民から「刃物を持った男が無言で歩いている」と警察に通報があった。警察の調べにより男のことを特定、自宅を尋ねるも男はナイフを所持したまま閉じこもってしまったという。

■「死にたい奴からかかって来い」

複数の警察官で呼びかけを試みるものの、説得は難航。結果、男が自宅に立てこもった時間は4時間にも及んだという。そしてその際、男は「死にたい奴からかかって来い」と脅しのような発言をしていたという。

日付をまたぎ、11日の午前2時過ぎに逮捕に至ったが、男は容疑を否認しているそう。

■安堵の声広がる…と思いきや

幸いなことに、誰かが傷つくような事態に至らなかった。犯人の逮捕にネット上では安堵した人が多いよう。同時に、命の危険と対峙した警察官を苦労をねぎらう声も。

「被害者が出る前に捕まってよかった。無差別殺傷事件になる可能性もあったでしょう」

「世間を不安にさせる今回の事案が解決出来て良かったです」

「こういうのを相手にしないといけないんだから、警察官は大変だ」

「なんでこんな事をするんだか…理解に苦しみますわ…」

しかし、逮捕で全てが解決したわけではない。「処分保留で出てくるんでしょ。その後のが怖い」といった意見も。

■護身用ナイフを持ってる人は…

物騒な事件が度々起こる昨今、自衛を意識することは非常に重要といえる。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,363名に対し調査を行なったところ、「護身用にナイフを携帯することがある」と答えた人は全体の6.0%。また、男女別で見てみると、意外なことに女性より男性のほうが所持率が高いという結果に。

グラフ

そのナイフで「誰かが傷つくようなことがなくて本当に良かった」と思う事件であった。


(文/しらべぇ編集部・ステさん



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日

対象:全国の20〜60代男女計1363名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング