12星座ランキング! 恋わずらいになりがちな「乙女心あふれる星座」とは?

しらべぇ / 2019年6月8日 14時0分

写真

(SB/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

想い人のことばかり考えてしまい何も手につかなくなるほど、燃え上がる恋を経験したことはないだろうか。中には、「眠れない」「食欲がない」など、相手のことを想うあまり身体に症状が現れてしまうこともあるようだ。

そんな、不治の病でもある「恋わずらい」になりやすい人はどのような人なのだろうか。

■約2割が恋わずらい

そこで、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「『恋わずらい』になりがちだ」と答えた人は、全体の17.0%。

恋煩い

なお、男性は13.6%、女性は20.0%と女性のほうが恋の悩みが多いようだ。

■1位は慎重であの星座

さらに、この結果を12星座別でみると、トップと最下位で13ポイント差の開く結果となった。

恋わずらい

22.9%と全体平均を大きく上回りトップにランクインしたのは、かに座。人の話に優しく寄り添い、受け止める慈愛に満ちた星座とされる。一方で、自分の気持ちを表現することが苦手なシャイな性格。

恋愛においても、自分から積極的にアプローチすることに尻込みしてしまいがち。相手への思いを秘めたまま過ごす時間が長く、いつの間に恋わずらいに…なんてことがあったりして。

■恋わずらい気味な星座たち

2位と3位にランクインしたのは、おひつじ座とふたご座。12星座一、行動力のあるおひつじ座がまさかの2位。「当たって砕けろ」をモットーに行動していく好奇心旺盛な性格。恋愛においても想いを心に秘めるのが苦手で、積極的にアプローチしてしまう恋多き星座でもある。

熱しやすく冷めやすいタイプでもあるため、他の星座と比べて恋わずらいになった経験が多いのかも。

3位には明るく人懐っこいふたご座がランクイン。好奇心旺盛でおしゃべり好きな人が多く、初対面の人にも積極的に話しかける人が多いようだ。

束縛や自由を制限されることが苦手な反面、繊細でさみしがり屋な一面も。相手に会えない日が続くと、想いが爆発して恋わずらいに…なんてことも考えられる。

■最下位は目立ちたがり屋な星座

最下位のしし座は、目立ちたがり屋で人から注目されることで本領を発揮できる星座とされる。曲がった事が大嫌いで困った人がいたら優しく手を差し伸べる情に厚い親分肌の人が多いのも特徴の一つ。

一方で、他人から干渉や束縛されることを嫌う自由奔放な一面も。ストレートに相手への想いを伝える情熱的なしし座は、恋わずらいになることが少ないということだろうか。

相手のことを想い愛する気持ちは尊く大切だろう。しかし、体を壊してしまっては本末転倒。自分の感情をうまくコントロールできる方法を身につける必要があるだろう。

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果


(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の有職者男女745名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング