緊張しがちな後輩が突然とった衝撃行動 「入社して9ヶ月で?」「ぶっ飛んでる」

しらべぇ / 2019年6月16日 6時15分

写真

(byryo/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

職場や学校など、年次が上がると、後輩の指導をする機会もあるはず。しかし、人対人ということもあり、上手くいくことばかりではないようだ。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、そうした悩みを打ち明けたトピックに注目が集まっている。

■上司がいる会議で仕切り役

入社して9ヶ月経つ後輩の指導をしているという投稿者の女性。その後輩は毎日のルーティン作業も全てメモを見て作業をしていたり、マウスに手が当たり画面が変わってしまったことに驚いてパニックになったり、緊張しやすい性格だそうだ。

また、言われたこと以外は絶対にしないのかと思いきや、上司がいるのに会議を仕切ろうとすることもあるという。

■どう指導すべきか悩んでいる

ミスをやんわり注意してもパニックになり、「すみませんすみません」と何度も謝罪してくるらしく、彼女のことが分からず、どう指導すればいいのか分からなくなっているようだ。

こうしたエピソードを踏まえ、投稿者は「同じように後輩の指導をされている方、していた方、アドバイスをいただけませんでしょうか?」と質問を投げかけた。

■「ぶっ飛んだ後輩」と驚きの声も

今回の投稿を受け、掲示板ユーザーからは「何度でも丁寧に教える」「マニュアルを作る」といったアドバイスが寄せられている。

「感情的にならない、威圧的にならない、対等な目線で接する、分からないことは何度でも丁寧に教える」

「決められたことはきっちりやってくれるなら、マニュアル作れば? 作るのは大変だろうけど」

「投稿者さんは大変なんだろうけれど、読み手としてはぶっ飛んだ後輩で笑ってしまうわ」

「入社9ヶ月で会議仕切ろうとするなんて、かなりの大物だぞそれ(笑)」

また、コメントの中には、「ぶっ飛んだ後輩」「かなりの大物」など、投稿者の後輩に驚きを見せるものも見られた。

■後輩を「えこひいき」する人も

しらべぇ編集部では、全国20~60代の会社勤めの男女570名を対象に「部下や後輩」について調査を実施。

その結果、全体の24.2%の人は「お気に入りの部下や後輩は『えこひいき』してしまう」と回答している。

えこひいき

指導するのが難しい後輩相手に悩んでいるのは、投稿者がきちんと向き合っているからこそ。

「えこひいき」ではないが、その後輩もきっと目をかけてもらっていると感じているのではないだろうか。


(文/しらべぇ編集部・音無 まりも



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日

対象:全国20代~60代の会社員の男女570名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング