「嫌いな人だけグループラインから排除」 イジメを受けたことがある人の割合は…

しらべぇ / 2019年6月20日 9時40分

写真

(bodnarchuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いじめによる自殺問題が昨今、全国各地で発生している。

SNSの発達により、いわゆる「言葉の暴力」だけでなく、「仲間はずれ」「さらし」といった悪質なものまで出現してきている近年のいじめ。実際に受けたことがある人はどれくらいいるのだろうか。

■全体の4割程度がイジメられた経験あり

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の40.8%が「イジメを受けたことがある」と回答した。

イジメを受けたことがある?

イジメは必ずしも学校だけに限った話ではなく、先輩や上司からの嫌がらせもイジメの分類に当てはまることから、このような結果となったのかもしれない。

なお、男女別では男性39.9%、女性41.6%と大きな差は見られなかった。

■30・40代女性に多い?

さらに、男女年代別に見ると、30・40代女性が全世代を通して唯一5割を超える結果となっている。

男女別年代グラフ

この世代だと、ママ友の間でのイジメが起きていることから、このような結果となったのだろう。

■ネット上では赤裸々に

ネット上では、イジメを受けた経験について、赤裸々につづられている。

「短期派遣で働いた時、派遣の最年長が率先してグループを作り、嫌いな人だけグループラインに入れず、退職へ追い込みました。 ちなみに女ばかりの職場でした」

「同時期に入った片方には優しく指導。私には暴言、無視、パワハラ、お菓子外し…」

「いじめで妙な団結力が生まれるから上は見て見ぬ振り」

イジメはされている瞬間はもちろんのこと、精神的にトラウマとなり、イジメられなくなっても後遺症となりかねない。イジメをなくそうと相談センターなども設けられているが、なかなか効果が発揮されていないのが現状だろう。

イジメをする人には、された側が感じる想像力が足りていないのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング