「スマホの写真整理で…」 若い頃の写真と見比べて「老けた」と感じる?

しらべぇ / 2019年8月3日 18時40分

写真

(Kostyazar/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

テレビやインスタグラムなどで、芸能人の若い頃の写真が公開される場面を目にしたことはないだろうか。

その際、「今とあんまり変わってない!」「若い」「痩せてる」「老けたなあ」といった感想を持つ人もいるのでは。実際、昔の写真を見て「老けたなあ」と思う人はどれくらいいるのだろうか。


■老けたと感じる人は6割

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の64.8%が「昔の写真と現在の自分を見比べ『老けた』と感じたことがある」と回答した。

昔の写真と現在の自分を見比べ「老けた」と感じたことがある

撮影された日時からそんなに時間が経っていなくとも、過去の写真を見るだけでそう思ってしまう人もいることから、このような結果となったのかもしれない。

なお、男女別では男性59.5%、女性69.6%と女性のほうがわずかに上回る結果に。女性のほうが老いに敏感なのだろうか。


関連記事:やめられない! 写真の盛り加工やラーメン…気づけばハマりすぎな人たち

■40~60代女性が顕著

さらに、男女年代別で見ると、歳を重ねるごとにそう思ってしまうのは当然だが、特に40~60代女性はいずれも8割程度が「思う」と回答。

男女年代別グラフ

アンチエイジング、シワ、シミなどを気にし、ふとした瞬間に若い頃の自身の姿を見て「あの時の若さがほしい」と思うことから、多い結果となっているのかもしれない。


■若い頃の写真を見たことがある人からは

実際に、かつての若い写真を見たことがある人からは…

「わざわざ普段から見比べたりしないけど、フェイスブックの『〇〇年前の投稿』などの通知で目にして、若い、痩せてるなあと思うことはある。髪型・服装がこの20年間変わってないので、余計に老けが強調される」(40代男性)


また、女性目線だと少し異なるようだ。

「スマホに昔の写真も普通に入っているので整理した時に若い頃の写真を見る。当時の流行りの服を着ているのを見て恥ずかしくなる」(30代女性)


服装などで年月の経過を感じるとのこと。あの頃はもう戻ってこないとわかっているが、つい誰しも見てしまうものなのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング