海老蔵、小林麻央さん宛てに送られた花に感謝 「ありがたいが引き戻される感覚」とも

しらべぇ / 2019年6月23日 12時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、23日に自身のブログを更新。22日に命日を迎えた小林麻央さん宛てに届いた花に対して感謝を綴っている。

■「有難い 有難いのですが」

海老蔵は、麻央さんの命日の翌日である23日に「有難い 有難いのですが」と題してブログを更新。

「二年前の6月23日と同じ香りです。花ですね。同じ香りにて記憶がまた戻される。お花有難い。有難いのですが、引き戻される感覚ありです笑」と花の香りで麻央さんとの思い出を感じたようだ。

■「過去と未来と今を大切に」

続けて投稿されたブログには、初めて麻央さんと遠出をした時に待ち合わせをした場所に行った様子が綴られている。

「思い出すと本当に反省すべき事や楽しかった事などすべてひっくるめて思い出しますね」としたうえでオリンピックスタジアムの写真を掲載し「過去と未来と今を大切に、未来を、今を素敵にすると過去も素敵になる。私の思想」と記事を締めた。

来年の十三代目市川團十郎白猿襲名と東京五輪を控えた海老蔵は、また気持ちを新たにしたのかもしれない。

■切なくなる

麻央さんとの思い出を綴る海老蔵に対し「切なくなる」とコメントが相次いだ。

「切ないな..」

「花の匂いで記憶が蘇る…のくだり、よく分かります。私も、百合の花の匂いが苦手になった」

「海老蔵さんの気持ち分かる。辛いよなぁ」

■ブログに勇気をもらった

がんとの闘病生活をブログに綴っていた麻央さん。しらべぇ編集部が全国20~60代の小林麻央さんを知っている男女1,122名を対象に「麻央さんのブログでの活動」について調査を行なったところ、全体でおよそ4割もの人が「たくさんの勇気をもらった」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

2年の月日が流れても色あせない記憶を綴る海老蔵のブログを読むと、切なくなってしまう人も少なくないだろう。時には休みつつ、目標に向けて進み続けてほしい。


(文/しらべぇ編集部・Aomi



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日

対象:全国20代~60代の小林麻央を知っている男女1,122名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング