高橋真麻、闇営業芸人への「運が悪かった」発言が物議 「ネットで叩かれて…」

しらべぇ / 2019年6月25日 17時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

フリーアナウンサーの高橋真麻が25日に『バイキング』(フジテレビ系)に出演。闇営業で謹慎処分になった芸人らについてのコメントが物議を醸したことについて語った。

■「運が悪かった」発言が物議

しらべぇでも既報のとおり、同日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で闇営業で吉本所属芸人らが謹慎処分になった問題を特集した。

その中で、真麻は「私は同業なので一般の方とちょっと意見が違うかもしれない」と前置きした上で、「営業行ってる中にたまたま反社会的勢力があって、運が悪かったんだなあ」と芸人らを擁護するかのようなコメントをする。

この発言に対して、ネット上では「闇で行ってるんだからその時点で運もなんもないでしょ」「身内に甘すぎる」といった批判の声があがった。

■「ネットで叩かれて…」

その後『バイキング』に出演した真麻は、ネットで批判されたことについて言及。

「ネットで叩かれて。『同業者に甘い』と。『どういうつもりでそのお金をもらったんだ』と。そのお金が結果的に詐欺グループだったってことは『詐欺に遭った人たちの事を考えろ』」と批判されたとし、「かなり厳しい世間の反応でした」と振り返る。

この発言に、MCの坂上忍は「あ、それを今、素直にここで言ってくださったってことですね」とコメントした。

■ネットの反応は…

『バイキング』での発言を受け、ネット上ではさまざまな声が。中には、批判的な意見もみられた。

「自分が叩かれたことに納得いかない感がひしひしと伝わる」

「真麻さん、ネットの意見が厳しいんじゃなくてあなた方が身内に甘いんだよ」

一方で、「真麻さん素晴らしい。ツイッターが世間の声とは言わないが、多くのサイレントマジョリティが思ってる」「反省してこのあとに生かしてください」と応援の声も寄せられている。

■芸能人の常識を疑った経験は…

「運が悪かった」という発言について、「一般の方とちょっと意見が違うかもしれない」と発言していた真麻。どこかで一般常識とは考え方だと自覚している部分はあったのかもしれない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名に「芸能人の発言や行動」についてどう思うか意識調査を実施したところ、約7割が「『常識がないな』と思うことがある」と回答している。

世間から批判を浴びている宮迫博之たちだが、同業者として真麻もフォローしたかった部分があったのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・二宮 新一



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日

対象:全国20代~60代の男女1,537名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング