強面俳優・寺島進、渋谷ギャルにイジられまくる 「ビタ男すぎてヤバイ」「日サロ行ってます?」

しらべぇ / 2019年7月8日 9時0分

写真

IJzendoorn/iStock/Thinkstock

7日、滝沢カレンがリーダー、MCをウッチャンナンチャン・内村光良がつとめる『初対面トークショー!! 内村カレン特別編! こんな相席どうですかSP』(フジテレビ系)が放送。

強面で知られる俳優・寺島進が東大生や渋谷ギャルと相席した結果、驚きの展開が繰り広げられた。

◼ハリセンボン・近藤春菜の提案

同番組は、芸能人の初対面を「相席」という形でプロデュースするバラエティ。4度目の放送となる今回は、これまでの芸能人同士の相席とは異なる「面白い相席」をプレゼンターが提案していく特別版となっている。

寺島は、プレゼンターのハリセンボン・近藤春菜が提案する「意外な人との相席」に挑戦。東大生や渋谷ギャルなど普段接することのない人種との相席を、数々の作品で活躍する強面俳優が経験した。

◼東大生が集まる店で…

「たまに撮影で東大出身のヤツいるけど、まったく仕事できないよ」と軽く毒を吐きながら、東大生が集まるパスタ店に向かった寺島と近藤。かなりの照れ屋らしく、寺島はギリギリまで「イヤだな」と愚痴りながら東大生との相席に挑んだ。

プログラミングを学び、機械と接する学生に寺島は「世知辛い世の中だから人とのふれあいが大事」と熱弁したものの「適材適所」と一蹴される。

俳優になった経緯を尋ねられ「出会いやご縁」と強調した寺島だが、そこに偶然居合わせた名誉教授から「小学校から着実に進んできた学生たちに出会いって言ってもピンとこない」とツッコまれ、「カチンときた。名誉教授とは合わないかもしれない」と苦笑いを浮かべた。

◼渋谷ギャルと相席

続いて、クラブに行く前のギャルが集まる渋谷のカフェへ。入店した途端、寺島を見て爆笑するギャルたちに「笑われちゃってるよ」と困惑しながら、寺島は24歳のギャルたちの席に座った。

ギャルからいきなり「日サロ行ってますか?」と質問され、寺島は「先週行った。週1で行けたらいいね」と日サロ事情を告白。すると、ギャルたちは「めっちゃビタ男」「ビタ男すぎてヤバい」とさらに爆笑する。

肌がビター色に焼けたイケイケの男を「ビタ男」というと知った寺島は「さっきの東大生と言葉が違いすぎてついていけない」と困り果てた本音を吐露した。

◼寺島と若者たち

その後、保育士をしているギャルたちと「保育士と介護士の労働問題」について議論。「悩みを抱えながら一生懸命やっている」と若者たちを評し、寺島の相席は幕を閉じた。そんな寺島の姿を視聴者も楽しんだ模様だ。

寺島進55歳なんだー
かっこいいー

— うた太郎!x∞ (@usatan_mm) July 7, 2019

寺島進さんイケメン

— ももんが®︎🍑4y&6m (@momonga_baby129) July 7, 2019

寺島進さん保育士問題挙げて頂いてありがとうございます🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

— mo 🎸🎤🎸🥁 (@GB_yk_LUPIN_red) July 7, 2019

刑事や犯罪者、暴力団組員など強面を活かした役柄が多い寺島だが、若者たちの前では柔らかな表情を崩さなかったのが印象的だった。若者たちにとっても、寺島との相席は貴重な経験になったのではないだろうか。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング