原田龍二、不倫騒動で辛い時に支えてくれた人 「ニコニコしていただいて…」

しらべぇ / 2019年7月12日 5時45分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

10日、俳優の原田龍二が自身のブログを更新。不倫騒動時に自身を支えてくれた人物について綴った。

■騒動時に支えてくれたディレクター

この日、「DAYS!」というタイトルでブログを更新した原田。自身が水曜パーソナリティを担当する『DAYS』(ニッポン放送)で、この曜日の担当である女性ディレクターと最後の放送だったという。

「短い間でしたが、ありがとうございました」と綴ると、「この度の本当に辛い時も」と明言こそしないものの、5月に騒動となった車内不倫騒動に暗に触れる。

そして、「いつも『大丈夫ですよ、明るく頑張っていきましょう』とニコニコしていただいて、年下ですが、すっごく支えてもらいました」と感謝の気持ちを明かした。

■先月5日には涙の放送

不倫騒動後、初めてとなる5日の放送回では、妻から「一生許さない」と言われたこと、子供たちから「今まで一生懸命仕事するお父さんを尊敬していたのに、お母さんを悲しませるなんて一生許さない」などとメールを貰ったことを語っていた原田。

涙ながらに語る様子が話題になっていたが、彼がなんとか語り切ることができた裏側には、信頼のおけるスタッフの存在もあったようだ。

■「大事な仕事仲間ですね」

このブログ記事に対し、読者からは「大事な仕事仲間ですね」などの声が寄せられることに。

「大丈夫ですよって笑顔で言ってくれる人って本当貴重だし、その言葉に救われますよね」

「人の優しさが身に染みて、心がポカポカになるときってありますよね。今まで、優しくして来たから、辛い時に手を差し伸べてくれるんです」

「大事な仕事仲間ですね。きっとまたご一緒する機会がありますよ」

■4割が「感謝を伝えるのは恥ずかしい」

ブログで、女性ディレクターに対してきちんと感謝の気持ちを伝えた原田。その姿を見て、「自分も見習わないと……」と思った人もいるのでは。

ちなみに、しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に「感謝について」の調査を実施。その結果、「感謝の気持ちを相手に伝えるのが恥ずかしいと思う」と答えた人は全体で42.6%という結果に。

感謝の気持ちを相手に伝えるのが恥ずかしいと思うグラフ

失敗を糧に人間は成長するもの。今後の彼の活躍に期待したい。


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング