援助交際はやめるべき? 年齢が上がるごとに危険を感じる傾向も

しらべぇ / 2019年8月12日 15時40分

写真

(liza5450/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

90年代からポケットベルや携帯電話が普及しはじめ、世間に広まるところとなった「援助交際」。時代の移り変わりとともに、その方法も変化しているが、いずれにせよ危険であり、また年齢によっては犯罪である。

当然やってはならない事と考えられるが…。


■約6割が「やめるべき」

そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1721名を対象に調査したところ、「援助交際は絶対にやめるべきだと思う」人は、全体の57.5%。

調査やめるべき

男女別では、男性は50.0%、女性は64.3%と、女性のほうが14.3ポイントも高い結果。やはり、お金のため身体を使うということに、女性のほうが嫌悪感や危機感のある人が多いのかも。



関連記事:お金のためなら何でもできる? 世代によって価値観に大きな違いも

■年齢を重ねると…

さらに男女年齢別で見ると、60代女性が一番の高ポイントで77.3%。女性は年齢が上がるほど割合が高くなる傾向だ。

調査やめるべき

若いうちは危険な行為も、若気の至りとしてやってしまうこともあるが、社会に出て様々な経験を経ていくと考え方も変わっていくのかもしれない。そんな傾向があらわれたのだろうか。


■子供を持つと?

一方、職業別で見ると、専業主婦(夫)が一番高い割合で76.7%という結果。

調査やめるべき

家庭を持っている人は子供がいる場合も多いだろう。そうなると、子供に対する心配も直結して、やめるべきと感じる人の割合も増えるのかもしれない。

実際に事件に発展することも多い援助交際。興味本位、お金に困ってなど様々な理由があるかと思うが、いずれにせよ危険な行為だということを頭に入れて行動したい。


(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング