「どう変わるんです?」 吉本興業・岡本社長の会見を観た芸人たちの想い

しらべぇ / 2019年7月22日 21時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

22日の14時より行われた吉本興業・岡本昭彦社長の謝罪会見。過去の発言に対する説明や今後の対応について言及が行われたが、視聴者からは手厳しい意見が多数寄せられている。

会見内容に対して思うところがあったのは、視聴者だけにとどまらないようだ。

■思いの丈をぶつける芸人たち

岡本社長の会見を観て吉本興業所属の芸人達は、自身の思いをツイッターから発信している。

とろサーモン・久保田かずのぶは「悲しいわ」「生きてる言葉をください。血の通った発言を聞きたいんです。どう変わるんですか?」とツイート。

煮え切らない内容の発言が多かった岡本社長に対し、ハッキリしてほしいと意思表明をしていた。

悲しいわ。
知り合いの芸人、先輩後輩同期、皆同じ事を思ってる。頼むから汗の書いた文字が欲しいんです。生きてる言葉をください血の通った発言を聞きたいんです。どう変わるんですか?

— とろサーモン 久保田かずのぶ🍣 (@kubotakazunobu) July 22, 2019

■「冗談」発言については…

闇営業問題の渦中にいた雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮は、20日に謝罪会見を敢行。

謝罪会見を開きたいと岡本社長に相談するも、「お前らテープ回してないやろな」「もし会見を行ったら全員連帯でクビにする」など圧力をかけられていたことが明らかになった。

岡本社長は22日の会見では宮迫らの発言に対し、「冗談でやった」「和ませようと思った」と釈明。

同発言は大きな物議を醸しており、学天即・奥田修二はツイッターより「芸人は本気と冗談を見分けられます。だから芸人なんやもん」と手厳しいツッコミを放っている。ダイノジ・大地洋輔も「冗談てか…」とツイートし、落胆が隠せないようだ。

芸人は、本気と冗談を見分けられます。だから芸人なんやもん。

— 学天即 奥田修二 (@gakutenokuda) July 22, 2019

冗談てか。。。

— ダイノジ大地(吉本坂46) (@dienoji_ohchi) July 22, 2019

■発言をネタ化する芸人も

中には会見での発言内容を逆手にとり、ネタへと昇華させた芸人も少なくない。

天竺鼠・川原克己は「だったら(会見の場でも)最初に『お前らカメラ回してないやろな?』って言ってほしかった」と、岡本社長を揶揄する発言を投稿している。

ピン芸人のR藤本は「芸人楽屋、ミスター・サタンの試合かってくらい冷めた空気が流れている」と、漫画『ドラゴンボール』ネタを交えたツイートを披露した。

だったら最初に
『おまえらカメラ回してないやろな?』って言ってほしかった

— 天竺鼠 川原 (@kawaharakatumi) July 22, 2019

芸人楽屋、ミスターサタンの試合かってくらい冷めた空気が流れている。

— R藤本 (@Rfujimoto) July 22, 2019

終始煮えきれない様子だった会見に対し、キレのある返しを見せてくれた吉本芸人達。吉本興業は今後、どのような道を歩んでいくのだろうか。


(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング