女性の履く下着をなんて呼ぶ? 「パンティ」を使う人はやはり少数派か

しらべぇ / 2019年9月8日 19時0分

写真

(Mykola Komarovskyy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性が履く下着のことは、一般的に「パンツ」と呼ぶ人が多い。では「パンティ」と表現する人は、どれほどいるのだろうか。


■パンティと呼ぶ人は少数派

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「下着の呼び方について」の調査を実施した。

下着をパンティと表現することがあるグラフ

「下着を『パンティ』と表現することがある」と答えた人は、全体で15.6%と少ない割合だった。


関連記事:彼氏・彼女に履いてほしいパンツの色!最新BEST3

■男性週刊誌の影響で

性年代別では、40代男性が一番多い割合になっている。

下着をパンティと表現することがある性年代別グラフ

男性週刊誌などの影響があると考えている人も。

「男性向け週刊誌や夕刊紙に載っている、エッチな小説の影響があるのかもしれない。体験談とか設定は女子大生なのに、下着の表現が『パンティ』のせいで一気におじさん感が出ている」(40代・男性)

■おばあちゃんが「パンテー」と言っていた

女性では、60代が一番多いのが印象的である。やはりパンティは、年配の人たちが使う言葉なのだろうか。

「うちの亡くなったおばあちゃんが、よく『パンティ』と言っていたのを今でもたまに思い出す。『パンティ』の発音ができないから、『パンテー』だったところまでがおばあちゃんらしい」(40代・女性)


■「パンティ」はちょっと引く

しかしながら、下着のことをパンティと呼ぶ人はやはり少数派である。

「日常生活で『パンツ』のことを、『パンティ』とを言う人に会ったことはない。そんな人がいたら、ちょっと引くと思う」(20代・女性)


『パンツ』と呼ぶのが定着しているのは、いやらしい感じがしないからとの意見も。

「『パンツ』が一番使われるのは、やはりあまりいやらしい感じがしないからだと思う。『パンティ』や『ショーツ』はやはり、エッチな小説でしか見ない。


小説でリアリティはないのに『パンティ』が頻繁に使われるのも、エッチな雰囲気を出したいからなんじゃないかな」(30代・女性)


パンティという言葉は一般的ではないが、一部ではまだ使われているといったところだ。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング