なぜか複雑な心境に… アメリカ人が初めて「超良心的な居酒屋」に行った結果

しらべぇ / 2019年8月3日 6時45分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

日本のウマい物を食べ尽くしに、仕事休みを利用して来日したテキサス人のジョナサン。彼はとんかつを食べて感動し、ストロングゼロを飲んで日本人をリスペクトするアツい男だが、次のオーダーは難しかった。

彼いわく「肉は食べたから次は魚がいいな。トヨスってとこにヒュージなフィッシュマーケットがあるんだろ? そこで日本の安くて美味しいサシミを食べてみたいな」とのこと。


■豊洲市場では安くてウマいサシミは食べられない?

言うとおり豊洲へ連れて行ってあげてもいいのだが、正直な話現在の豊洲市場は観光地価格の店が多く、テキサスより美味しい魚は食べられるものの“安くて美味しいサシミ”となると、ちょっと違うと感じた。

良心的な店はあるもののそれは寿司や刺身じゃないしな…と考えていると、非常に良い店があることを思い出した!


関連記事:テキサス人は肉より牡蠣が好き? オースティンで食べたメキシコ湾産生牡蠣が絶品

■超良心的居酒屋へ

そのお店は、各線綾瀬駅そばにある居酒屋『駅前酒場 綾瀬』。市場内ではないものの、豊洲市場で働くオーナーが目利きした魚を超良心的価格で食べられることで有名な店だ。

ここならジョナサンのオーダーする“安くて美味しいサシミ”が絶対食べられるハズ! さっそく向かうことにした。

■日本の風景に感動するジョナサン

店に到着すると「へー…すごい雰囲気のいい店だね」と、日本の下町のいつもの風景に感動するジョナサン。

今日は狙い目です。空席が多いので、宣伝も兼ねて本日のオススメ。 pic.twitter.com/8SohBXUriS

— 駅前酒場 綾瀬 (@ekimaesakaba_) August 1, 2019

記者も夜に来るのは初めてだったのだが、まずは『カツオ刺身』(400円)を注文してビックリ!

脂ののりが非常に良い上物で、とてもじゃないが市場で400円で食べられるレベルではない。ジョナサンも「俺がいままで食べたツナで間違いなく1番ウマい」と大絶賛。


■納豆に初チャレンジ

ジョナサンは納豆も食べたいと言っていたので、納豆やっこも注文。

さすがに納豆はダメかと思いきや「全然イケる。トウフはテキサスにもあるけど、この組み合わせは両方の美味しさをより増してくれるね。しかもソイソースもトウフなナットウも全部大豆だし、めちゃヘルシー」だそうだ。


■アジの刺身に感動

次はもう1回刺身を注文。こちらの『アジ刺身』(350円 ※間違えて撮る前に2切れ食べてすいません) は、テキサスでも食べられる魚なので何の刺身かジョナサンに当ててもらうことに。

「内側のほうはすごく柔らかくて脂がのってるんだけど、皮のほうは弾力があって2つの食感が楽しめる。スゴくウマいけどわからないな」と言うのでアジだと教えてあげると「信じられない…」とまた感動していた。

■メンチカツに衝撃を受ける

お次は『自家製メンチカツ』(450円)。巨大な揚げたてメンチカツは非常に食欲を誘うビジュアルだが、ジョナサンはコレが何なのかまったくわからないらしい。

ミートローフを揚げたやつだよと教えてあげると「とんかつもヤバかったけど、コレもマジでヤバい。ジューシーで最高だし、ケチャップやウスターソースをかけて食べると最高。この犬の顔が描いてあるソースも相当高級なんじゃないか?」

と言うので「小さいのはスーパーで100円チョイで買える、ブルドックソースっていう調味料だよ」と教えると、マジかよ…という顔をしていた。


■ナスの揚げびたしは美しい

ジョナサンはナスが好きだというので、次はナスの揚げびたしを注文。

「かつおぶしのビジュアルが美しいし、このウマミテイストのスープがアツアツのナスに染みてすげぇウマいな!」と言うので、英語のレシピを送ると作り方の簡単さにまた驚いていた。


■いろいろ食べて最後はキンメダイ

その後もハモの天ぷらやムール貝の燻製などいろいろ食べつつ、ジョナサンが最後にもう1品刺身が食べたいというので『キンメダイ刺身』(400円)を注文。


「キンメダイって魚は見たこともないし英語の名前を見てもわかんなかったけど、1つだけ言えることは“俺がいままで食べた魚の中で最高に美味しい”ということ。


すごくソフトでウマミテイストがスゴい脂がたっぷりで、これが400円なんて信じられないわ…テキサスで食べようとしたらとんでもない値段になるだろうね」


と、心から感動していたようだ。

■イザカヤのトップで記念撮影

あまりに感動したので、店の前で最後に記念撮影をするジョナサン。彼の感想は


「イザカヤのトップに来てしまったので、明日から1人で寄る店に満足できなそうで怖い…でも、こういった店は日本語がわかる人と来ないと注文するのが難しそうだね。

トヨスフィッシュマーケットは値段が高いって言うけど、この店はすごく繁盛しているから僕たち外国人はトヨスで高いお金を出したほうが日本のためになるのかもな…」


と、複雑な顔をしていた。


■昼には絶品の海鮮丼が激安で

確かにここ『駅前酒場 綾瀬』は、超絶良心的価格のため日本人の常連でいつも賑わっている。豊洲市場は外国語対応もバッチリだし、そのぶんが値段にプラスされていると考えれば、外国人と日本人の行く店の住み分けが自然にできはじめているのかも。

ちなみに、『駅前酒場 綾瀬』はランチも営業しており、そちらでは絶品の海鮮丼がなんと500円で食べられる。魚好きはぜひチェックしておこう。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング