看護師が女子学生6人にわいせつで懲戒処分 病院は「刑事告発はしない」

しらべぇ / 2019年8月9日 6時0分

写真

(chachamal/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

最近、公務員によるわいせつ事案が続出してる。5日には千葉県企業局の室長が盗撮容疑で逮捕されたが、今度は病院局でわいせつ事案が発生した。その内容を探るべく、千葉県病院局を直撃。


■卒業生6人にわいせつ行為

千葉県病院局は7日、看護実習を受けた女子学生6人の尻を揉むなどのわいせつ行為をしたとして、県立病院の40代主任看護師の男性を同日付で減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表。

同局によると、主任看護師は3月8日、県内の看護専門学校の卒業謝恩会に招かれて出席。午前0時から3時頃まで卒業生や教員ら計19人で3次会のためにカラオケ店に行った。

その個室で、20~30代の卒業生6人に、尻を揉む、服を引っ張って胸をのぞく、手の指をなめるといったわいせつ行為をしたという。女性6人以外の卒業生4人はわいせつ行為を目撃していたが、教員2人は見ていなかった。

卒業生らは主任看護師の勤務先の県立病院で実習を受けたことがあり、専門学校の教員に被害を訴えて発覚した。


関連記事:わいせつ教員、過去最多 文科省の再雇用を防ぐ新たな取り組みに「甘すぎる」と批判の声

■酒に酔っていた…

病院局の調査に対して主任看護師は「酒に酔ってはっきりと覚えていないが、卒業生が言っているのであればその通りだろう」と話しているという。

この看護師は問題発覚後に実習担当を外れたが、病院での勤務は続けている。卒業生は「後輩たちが同じ目に遭わないよう環境を改善するため、しっかり処分してほしい」と話しているという。

■過去にも

病院局では、過去にも医師が車内で、女性職員に抱きついたりキスをしたりして、停職6ヶ月の処分。他にも局内では、腰を触って戒告の処分者もでている。

今回の主任看護師の処分が軽すぎという世間の意見に対して、病院局は「前例に照らして決定した。適切な処分だと考えている。この看護師を刑事告発することもしない」と回答した。

どの県立病院の所属かについては「専門学校や個人が特定される」として明らかにしないという。


■患者の気持ちを考えると…

ネット上では、この病院の患者がかわいそうといった意見もあがっている。

「減給だけでは甘い。最低でも停職処分にするべき」


「病院の患者さんも嫌だろうな」


「変態看護師は、二度と看護の仕事ができないようにしたほうがいい」


「こういうやつらのせいで一般男性まで変な目で見られる。マジやめてほしい」


公務員の相次ぐわいせつ事案。今、真の倫理観が問われている。


(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング