たけしと安住アナがあおり運転に提言 「道徳の授業を激しく」に共感の声

しらべぇ / 2019年8月25日 9時40分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)


24日、ビートたけしと安住紳一郎アナウンサーが生出演した『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS)で話題のあおり運転に言及した。


■「道徳の授業を激しくすべき」

番組では、茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転の騒動について特集。

その際にたけしは「空港で飛行機に乗る遠いゲートまで行く動く歩道ってあるじゃない? そこでもあおる人がいる。カバンとか蹴飛ばしていく人がいて」と話す。道路以外でも自己中心的な人が増えていると感じているようだ。

安住アナは「たけしさんが推奨するように道徳の授業を激しくやるのが必要かもしれません」とボソリ。たけしはそれに反応して「本当だよ」と道徳の必要性を話した。


関連記事:あおり運転の逮捕者は免許を剥奪されるべき? 絶えない危険運転に賛同の声多数

■共感の声殺到

道徳の授業もっとやるべきという2人の意見に対し、ネットでは共感の声が殺到している。

「本当にそう思う。道徳の授業を徹底させた方が良いと思います」


「道徳の授業って、やはり大事だよ。人が人として、最低限守るべきルール、下敷きになる人格養成って大事」


「道徳の強化と交通ルールの必修化をしたほうがいいと思う」


■免許剥奪すべき?

過剰なあおり運転の果てに逮捕までされた今回の事件。TVやネット世間では、あおり運転についてどう思っているのだろうか。

しらべぇ編集部は、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査を実施。その結果、全体の71.4%が「あおり運転で逮捕された人は免許を剥奪されるれるべきだと思う」と回答した。

あおり運転

あおり運転だけでなく、様々な部分で自己中心的な人が増えていると感じるたけし。2人の言う通り道徳の授業で、人を思いやる気持ちを学ぶ必要があるのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・Aomi



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング