デーブ・スペクター、『24時間テレビ』に皮肉 「本当のボランティアとは」

しらべぇ / 2019年8月26日 15時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

放送プロデューサーでタレントのデーブ・スペクターが自身のツイッターで、24日から25日にかけて放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)について批判。ネット上で反響を呼んでいる。


■「24時間テレビから国民を守る党」と皮肉

デーブは24日、ツイッターで「24時間テレビは働き方改革違反ではないですか?」「【速報】「24時間テレビ」が東京オリパラと連動しようとしたが、本当に無給のボランティアなので断念」と同番組を批判。

翌25日も「世界でもっとも疲れる仕事→24時間テレビでワイプの中でやるリアクション」「【速報】デーブ・スペクター氏が「24時間テレビから国民を守る党」を結成へ」と皮肉たっぷりのツイートを次々と投稿した。


関連記事:『24時間テレビ』批判のデーブ・スペクター ダジャレまみれでも説得力あり?

■「本当のボランティアとは何かを…」

また、放送後は「24時間テレビ、やっと終わりました」とし、「障害を持つ方へのサポートを目的にしているはずなのに、実際は広告代理店と企業の利益とイメージアップのために続けられている。本当のボランティアとは何かを、大好きな日本の皆さんに分かってほしいだけです。すみません、オチはありません」と訴えた。

24時間テレビ、やっと終わりました。障害を持つ方へのサポートを目的にしているはずなのに、実際は広告代理店と企業の利益とイメージアップのために続けられている。僕は、本当のボランティアとは何かを、大好きな日本の皆さんに分かってほしいだけです。すみません、オチはありません。

— デーブ・スペクター (@dave_spector) August 25, 2019


■24時間テレビを好きな人は…

投稿を受け、ネット上では反響が続出。デーブのツイートに共感する声もかなり目立っている。

しらべぇ編集部が『24時間テレビ』を見たことがある男女985名に同番組についてどう思うか調査したところ、「好き」と回答したのは3割。好きではないと感じている視聴者の中には、デーブのように番組に疑問を抱いているという人もいるだろう。

24時間テレビ

しらべぇ既報のとおり、昨年も同番組への皮肉を投稿していたデーブ。おそらく、来年以降も皮肉ツイートは続くだろう。


(文/しらべぇ編集部・二宮 新一



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日

対象:全国20代~60代の『24時間テレビ』を見たことがある人985名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング