男性に「買い物ついでに生理用品も」と頼める? パッケージの柄が鍵か

しらべぇ / 2019年8月28日 7時40分

写真

(Suphansa Subruayying/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生理用品が足りなくなりそうなのに、もう夜だし、幼い子供もいて出かけられない…などということはないだろうか。こんな時、帰宅途中の夫や彼氏に「生理用品を買ってきて」と頼めたら、これほどラクなことはない。


■商品の多さにひたすら困惑

英語圏の女性の間で今、ある女性がツイッターに投稿した話題が大きな反響を呼んでいる。

ある店で1人で買い物をしているボーイフレンドとの携帯電話でのやりとりを紹介したもので、そのツイートには、男性が有名ブランドのタンポン2箱を並べて持っている写真が添えられていた。

「買い物のついでにタンポンも」と彼女に頼まれていた男性。だが彼は生理用品のコーナーでひたすら困惑してしまった。あまりにも大量の商品が陳列棚に並んでおり、買うべきものを探すのに相当の時間を要したという。


関連記事:彼氏の部屋から「開封済みのアレ」が… 「お母さんの」との言い訳に絶句

■男性はじつに「疎い」と判明

恋人が欲しがっているブランドのタンポンをやっと見つけた男性。サイズのことはさておき、彼はパッケージを見て「フレーバーに違いがある」と感じた。

さっそく「レモンとライムどっちが好き?」と2箱が並んだ写真つきのメッセージを返してきた。思わず爆笑してしまったその女性。しかし、男性は真剣に「タンポンに香りがついているのだと思った」と話しているという。

女性はこの時、男性は生理用品についてあまりにも無知で疎く、「ついでにそれも買ってきて」とお願いすることの難しさを痛感した。

タンポンのサイズ云々を説明しても、彼は1箱ずつ手に取り、じっくりと確認することになる。最初から「青地にレモン」などとパッケージの柄を指定しておけばよかったのだ。

■真剣に受け止めた多数の人々

意外にもこの話題を真剣に受け止めた者は多かった。「男って無知ね」と一緒に笑う女性ばかりではなかったのだ。

「生理用品のパッケージ・デザインはどれもそっくり。かなり苦労したでしょう」


「これ、現実にはすごくお願いしづらい。優しい彼氏でうらやましい」


「フレーバーと勘違いしてしまったことはともかく、レモンとかライムとか柄に特徴があることは大事だわ」


75万件を超す「いいね!」と10万を超すリツイートがつき、「ここまで波紋を広げるとは思わなかったわ」と投稿した女性も驚いている。


■「頼みやすい」に変えるには

夫や彼氏に「ついでに生理用品も買ってきて」と頼めるものなら頼みたい、と考えている女性は日本でも少なくないのだろう。ただし、しらべぇ編集部が2016年3月に行った調査では、「生理用品」を買ったことがある男性はわずか9.0%にとどまっていた。

生理用品についての調査

恥ずかしい思いをさせたくないから頼まないという女性が多いことも判明したが、似たり寄ったりの大量の商品が並んでいるなか、ナプキンやタンポンのサイズほか、頼んだものと違う商品を買ってこられても困るのだ。

男性の買いやすさ、女性からのお願いしやすさを追求するうえで、鍵となるのは「素早く正しく探せる」こと。男性は一秒でも早くその売り場を逃げ出したいからだ。

ブランド名や商品名、サイズなどを細かく説明しなくても、「紺色に大きなレモン」などとパッケージの柄で指示できるなら手っ取り早い。このあたり、各メーカーも工夫して特色を出してみてはいかがだろうか。


(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング