謎の美女・紗世が限界露出で魅了する 「最初で最後かもしれない」

しらべぇ / 2019年8月27日 20時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

紗世

突如現れ世界一のグラビア誌『PLAYBOY』の表紙を飾り注目を集めた、謎の美人グラドル紗世がファーストイメージDVD『Catch me if you can』(スパイスビジュアル)をリリース。しらべぇ取材班は、謎めいた彼女の初作品リリース記念イベントが開かれると聞きつけ、仕上がりを聞いてきた。


■初の撮影は鳥肌もの?

紗世

紗世にとって、ファーストDVDとなる本作は4月に都内のスタジオで撮影されたもの。降りしきる雨の中で実施されたため非常に寒かったそうで「水を浴びるシーンは鳥肌を立てながら撮影をしていたので、表情が硬いかもしれません」とはにかんだ。

今作は、さまざまな衣装やシチュエーションに挑戦しているオムニバス形式。実は、監督から「自分のイメージで勝手に動いて」と指示があったそうで「演じているというわけではなく、普段の私のまま…素の私が出せたと思います」と笑顔を見せる。


関連記事:黒髪美少女・美咲りこが初DVD 「ワガママぜんぶ聞いてもらいました」

■「表情に注目してほしい」

紗世

また、ジャケットを眺めると手ぶらシーンや攻めた変形水着など、大胆な姿がちらりほらり。そこで恥ずかしかったポーズや衣装について尋ねると「全くないです」と即答。

続けて、全体的に恥ずかしさよりも寒さに耐えることのほうが大変だったと説明した上で、「表情に注目して観てほしいです」とアピール。

■恥ずかしかった

紗世

実は、今回のDVDを作るにあたって、さまざまなグラドルの作品を見て勉強したそうだが、その演技力に圧倒されたと明かす紗世。「自分のDVDに自信がなくて恥ずかしかった。今回が最初で最期のDVDかもしれません」とまさかの発言。

一方で、初イベントに多くのファンが駆けつけたことに驚いたと話し、「インスタグラムでしか情報を発信していないのに、見つけて来てくれて本当に嬉しく思います」と感謝の言葉を口にした。


■自分に厳しい一面も

紗世

最後に作品の仕上がりを自己採点してもらうと「60点」とやや控えめな数字。残りの40点については「普段は写真の撮影が多いので、イメージしながら動くことに慣れていなくて難しかったです」と今後の課題を挙げる。

取材中も終始ミステリアスな雰囲気を醸し出す謎の美女・紗世。その、見事なプロポーションと妖艶な雰囲気が多くの人の心を鷲掴みにすること間違いなし。今後の彼女の活躍に期待したい!


【紗世(さよ)】

1988年6月28日生まれ/T167・B90(G)・W58・H89/趣味・特技:掃除すること


(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ 撮影/HIRO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング