夫が不倫している証拠をつかむも… 「相手」が予想外すぎた

しらべぇ / 2019年9月1日 16時0分

写真

(SB/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

配偶者の不倫の証拠を突き止めたら、その後に待っているのが「再構or離婚」の選択だ。

『Yahoo!知恵袋』に、夫の不倫の証拠をつかめたのだが、真実を知ったことで「途方に暮れてしまった」という相談が寄せられた。


■不倫相手が1人じゃなかった

投稿者の女性は、パート勤務をしている40代の女性。会社員の夫(40代)と、高校生の子供がいるという。

投稿者は夫の不倫の証拠をつかんだのだが、同掲示板にて「途方に暮れています」と訴える。その理由は、まず不倫相手が1人ではなく2人いたということ。1人は夫の元同僚の既婚女性、そしてもう1人の相手は、なんと女子大学生だったというのだ。

この状況に、投稿者は「アドバイスをください」と意見を求めている。


関連記事:不倫がバレて謝罪してきた夫 「相手と別れてほしい」と言ったら…

■「自分がどうしたいかを考えて」

トピックには、「自分がどうしたいのかをまず考えるべき」とのアドバイスが目立つ。また、仮に離婚を選択した場合には、「子供の受験や学費のことについて慎重に考える必要がある」との意見も。

「まずは、不倫の証拠を、どんどん集めてください。2人も不倫できるのは相当稼ぎがいいのですね。さて、あなたのご希望は? 離婚? お子さんの受験が終わってから離婚を決めてもいいですね。探偵社、弁護士、証拠で慰謝料をもらって離婚できます。あなたの意思がどちらなのか考えてください」


「お子さんが高校生というと難しいですね。進学のこととかもあると思うので。もし、メンタル面に余裕があるのなら、普通に過ごしてみたらいかがでしょうか? きついようでしたらご実家に一旦帰るなど」


■不倫された女性の約7割が「再構築」

夫の不倫が許せなくても、子供を持つ女性が離婚を選択することはなかなか難しい現状も。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代のパートナーに不倫をされた経験を持つ男女122名を対象に実施した調査では、再構築を選択した男性が5割強であるのに対し、女性は約7割と、男女でかなり差が開く結果に。

不倫


■「子供の有無」が大きく影響

また、この調査で不倫された経験を持つ20代~60代の女性65名を対象に実施した調査では、子供のいない女性で再構築を選んだ人は5割弱であるのに対し、子供を持つ女性は8割以上が再構築を選択したと回答している。

不倫

夫側が有責であったとしても、経済的な理由などで離婚を選択できない女性は少なくないのかもしれない。投稿者が、自分の幸せな将来のために、後悔しない選択ができることを願うばかりだ。


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日

対象:全国の20〜60代の男女計1,357名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング