気象予報・森田氏、台風15号にSNSで警鐘鳴らす 「掛け値無しで危険」

しらべぇ / 2019年9月8日 17時0分

写真

(Elen11/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

現在、日本列島に接近しつつある台風15号(ファクサイ)。予報によると、今夜から9日午前にかけて関東を直撃する。気象予報士の森田正光氏は、この台風を自身のツイートで「掛け値無しで危険な台風」と表現し、警戒を呼びかけている。


■「首都圏最悪のコース」

日本気象協会によると、予想される最大瞬間風速は、関東地方、伊豆諸島、東海地方で60メートル(電柱や街頭が倒れるほど)であるという。

森田氏はそんな台風15号について、「昨日の予想より少し西にずれた。首都圏最悪のコース」とその進路について言及。さらに死者・行方不明者1,200人以上出した1958年の「狩野川台風」の名を挙げ、

「上陸時の予想中心気圧は960hPaで、これは狩野川台風に匹敵する。時代が違うから同じように考えられないが、掛け値無しで危険な台風」


と、その危険性を訴えた。

台風進路、昨日の予想より少し西にずれた。首都圏最悪のコース。上陸時の予想中心気圧は960hPaで、これは狩野川台風に匹敵する。時代が違うから同じように考えられないが、掛け値無しで危険な台風。#台風15号 pic.twitter.com/dBi6hZOVPl

— 森田 正光 (@wm_morita) September 7, 2019


関連記事:台風の名前はどう決まる?世界的な命名「委員会」が存在!【元井美貴のお天気ラリアット】

■深夜0時以降とくに注意

さらに続くツイートでは、東京都心部が暴風域に入る確率を示した森田氏。それによると今夜21時から明日朝6時頃までが、ピークとなっている様子。

とくに深夜0時から朝6時にかけては、80%を超えるかなりの高確率を示している。

図は都心が暴風域になる確率。
今夜21時くらいから明日の朝06時くらいが高い。 pic.twitter.com/WpESXb7Kpf

— 森田 正光 (@wm_morita) September 8, 2019


■「本当にやばいやつ」

森田氏のツイートを読んだ読者からは、「え、そんなにやばいの?」「森田さんがこれだけ言うってことは…」と警戒の声が次々と上がった。

「明日出張なんだけど…終わった。でも森田さんがこれだけ言うってことは本当なんだろう」


「今回の台風ってそんなにやばいの? とりあえず雨戸閉めておとなしくしてます」


「ただでさえ台風怖いのに。今夜寝られない」


中には「狩野川台風」を調べた人もおり、「怖すぎる」「嘘でしょ?」と、その被害の大きさに驚愕する声も多くみられた。

別のツイートでは、現在の天候について「嵐の前の静けさ」と表現した森田氏。ベテラン気象予報士がこれだけの警戒を呼びかけることも珍しいだろう。最大限に備える必要がありそうだ。


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング