店で知ってる曲を耳にすると気分は上々? 高所得者に続出の傾向も…

しらべぇ / 2019年9月23日 9時0分

写真

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スーパーやショッピングモール、カフェに居酒屋など、街の至るところでBGMを耳にする機会があるだろう。店によってかかっている音楽のジャンルは様々。それでは、自分が知っている有名な曲が流れていた際、人はどのような反応をするのだろうか。


■6割が知ってる曲にテンション上がる?

しらべぇ編集部は、全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の57.7%が「店で知ってる曲がかかったらテンションが上がる」と回答した。

店で知っている曲

なお、男性50.4%、女性64.7%と男女で15ポイント近くも差の開く結果に。世の男性は、恋人やパートナーが好きな曲がかかっていそうな店をデートの場に選ぶと好感度が上がるかもしれないぞ。


関連記事:よく自撮りする人は1割弱 若い世代が多いものの高収入層の自撮り率は突出?

■男女ともに10代が突出

さらに、男女年代別に細かく見ていくと…

店で知っている曲

すベての世代において女性の割合が上回っており、もっとも割合が高いのは10代女性で82.3%と突出。一方、男性においても10代がもっとも高く70.4%である。

一般的に知っている曲の幅は歳を重ねるたびに増えていくものだが、男女ともに年齢が上がるにつれて割合が減少していることも非常に興味深い。

それでも世代を問わず約2人に1人の割合が、お店で知っている曲がかかると気分が高揚することが判明。時代時代で知っている曲は異なるため、店主は店内で流すBGMの選曲に苦悩しそうだ。


■年収が上がるたびに…

また、今回の調査結果を年収別に振り分けると…

店で知っている曲

もっとも割合が高いのは1,000万円以上の層で67.9%。700〜1,000万円の層も65.3%と僅差で続き、知っている曲が高収入の人の割合が高い傾向が見えてきた。

お店側としては、高所得者がリピーターになってもらえたら嬉しいだろう。来店してくれる人が気持ちの良い買い物をできる要素の一つとして、店で流れるBGMを工夫することも大切なのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング