お酒にも合う? ローソンの本気パン「マチノパン」シリーズに新商品

しらべぇ / 2019年9月28日 9時20分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

手軽だけどパン専門店に比べると、劣るイメージの「コンビニ袋パン」。そんなイメージを脱するため作られたローソンの「マチノパン」シリーズが、10月のラインナップを発表。しらべぇ編集部でお味を確認してきた。


■ひと手間かけた9商品

「マチノパン」シリーズの特徴は、ひとつひとつのパンに対して、ひと手間かけて作っているところだそうだ。そろそろ秋の足音がする今日このごろ。10月はこだわりの9商品が3回にわけて発売される。

まずは10月1日発売の4点。レンジで温めても大丈夫な「レンジDEチーズココット」(税込140円)、「レンジDEチーズココット トマト」(税込140円)、噛めば噛むほど美味しい「プレッツェルデニッシュ」(税込145円)、大人気商品をリニューアルした「フランスパンのフレンチトースト」(税込150円)だ。

マチノパン10月

さらに10月8日には、チョコレートが美味しい「パン・オ・ショコラ」(税込150円)、「ショコラサンド バター」(税込165円)。

マチノパン10月

最後は10月15 日発売。ガーリックが効いた「オリーブオイルとバターのガーリックフランス」(税込150円)、秋らしさ満載の「かぼちゃ天国」(税込180円)、明太子増量の「めんたいフランス」(税込150円)だ。

マチノパン10月

どれも美味しそうだが、とくにオススメの新商品を紹介するぞ。


関連記事:ローソンがパン屋さんに? 新シリーズ「マチノパン」表参道で先行発売も

■レンジを使ってもフカフカ!?

コンビニ袋パンというと、夜購入して、朝にレンジで温めるという人も多いだろう。しかし、その場合パンはシナシナになることも…。そこで開発されたのが「レンジDEチーズココット ペッパーオニオン」だ。

マチノパン10月

実際にレンジで温めたものを試食したが、本当にフカフカで、むしろレンジ使用がオススメ。

マチノパン10月

中はチーズたっぷりで、とてもクリーミー。朝ごはんとして食べ応え十分だ。トマトバージョンもあるので、食べ比べるのもいいかも。


■秋冬用にリニューアル

お次は、コンビニ袋パンとしては異例の人気を誇った商品のリニューアル「フランスパンのフレンチトースト」。

マチノパン10月

秋冬用に、しみしみジュワジュワ感を増やしたそうだ。パンの中にまでバターの美味しそうな色がしみ込んでいて、食欲をそそる。

マチノパン10月

3月の発売時には生クリームなどをトッピングする人が多かったそう。この季節なら、濃厚になってさらに美味しく感じるかも?

■やっぱり秋にはチョコ

秋冬といえば、チョコレートが食べたくなる季節。こちらは、そんな人にオススメの「ショコラサンド バター」。

マチノパン10月

パンには、小麦の風味が特徴ある「グラハム粉」を使用。中にはバターがサンドされている。上にオセロのように乗ったベルギーチョコレートがかわいい。

マチノパン10月

パンのやわらかさと、バターのまろやかさ。そこに、パリっとしたチョコレートが合わさって、とても食べ応えのある食感だ。ホっとするティータイムのおやつにオススメだ。


■お酒にも合うガーリック

甘いパンが多いイメージだが、今回はお酒にも合う新商品が登場。「オリーブオイルとバターのガーリックフランス」だ。

マチノパン10月

ガーリックがかなり多く、ぜひ人と会う予定がないときにガッツリと食べたい一品。

マチノパン10月

パンのなかにもオリーブオイルとガーリックがしっかりしみ込んでいて、どこから食べても美味しいこと間違いなし。また、フランスパン自体、細めにしているので、女性でも食べきれるサイズなのがうれしい。ワインと合わせても美味しいかも。

食べ物が一層美味しくなる季節。続々登場するローソンこだわりのパンを、日常のなかに取り入れてみるのもいいかも。


(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング