『スッキリ』加藤浩次、ゲストの宇垣美里に「オタク気取ってるくせに」

しらべぇ / 2019年9月30日 12時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

30日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にフリーアナウンサーの宇垣美里が出演。MCの加藤浩次から厳しいツッコミを受ける一幕があった。


■「オタク気取ってくるくせに」

この日、番組では「クイズッス」のコーナーで映画『宮本から君へ』を特集。原作の漫画を愛読していた加藤は、映画化されたことを知らなかったようで「あのシーン映画化されるわけ!?」「これ超問題作よ!」と大興奮する。

加藤から原作を読んだか聞かれた宇垣が「私、知らなかったです」と反応すると、加藤は「オタク気取ってるくせに知らねえのかよ!」と厳しいツッコミを入れる。

その後も「これはもう…一晩話せるよね」と熱くなり、加藤が期待するシーンも映画化されることを知ると頭を抱えて「見るしかないね!」と話した。


関連記事:宇垣アナの「ナメられたくない精神」からの破天荒エピソードに賛否

■気心知れた間柄ゆえの発言?

加藤と宇垣といえば、過去に『スーパーサッカー』(TBS系)で共演。この日も、スタジオに登場した宇垣に向かって「お久しぶりだな。びっくりした、メイクさんにメイクしてもらってんだ。だってメイクが局アナ時代と違うもん」と和気あいあいとトークしていた。

「オタク気取ってるくせに知らねえのかよ!」という発言も気心知れた間柄ゆえのツッコミだからだろう。ネット上でも「笑った」「宇垣さまに『知らねーのかよ』って(笑)」と爆笑する声があがっている。

また、加藤が語気を強めて発言するほど熱くなる原作ということもあり、映画を観に行きたいとコメントする視聴者も見られた。


■にわかファンをどう思う?

宇垣といえば、しらべぇでも既報のとおり、『魔法少女まどか マギカ』『美少女戦士セーラームーン』などのコスプレを披露して「オタクキャラ」として人気がある。それだけに、加藤は問題作として知られる『宮本から君へ』を宇垣が読んでいなかったことにショックだったのかもしれない。

オタク・ファンに関して、しらべぇではこのような調査がある。全国10〜60代の男女1,721名に「にわかファン」についてどう思うか調査したところ、2割以上が「にわかファンは受け入れられない」と回答している。

にわか

加藤から厳しいツッコミを入れられた宇垣だったが、加藤の熱弁を受けて「観に行きたい」と興味津々だった。


(文/しらべぇ編集部・二宮 新一



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング