横浜の女子高生が振り込め詐欺の受け子に 金融機関職員になりすまし…

しらべぇ / 2019年10月8日 16時40分

写真

(structuresxx/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

埼玉県警は7日、横浜市旭区居住の私立高校の女子生徒(18)を詐欺の疑いで通常逮捕した。しらべぇ取材班は、埼玉県警から話を聞いた。


■現金が戻って来るので…

逮捕容疑は、女子生徒が氏名不詳者と共謀のうえ、金融機関職員になりすまし、9月26日埼玉県鴻巣市に住む75歳の女性宅を訪れ、キャッシュカード1枚をだまし取ったもの。警察によると、被害者の女性の自宅には、午後2時ごろから数回にわたり男の声で、

「医療費関係で2万9,368円が戻って来るので、本日中に手続きが必要です。現在持っているキャッシュカードが古いので切り替える必要があります。暗証番号を教えてください。近くにいる職員を向かわせますので、キャッシュカードを渡してください」


などと電話があったという。


関連記事:チャラ男芸人・EXIT兼近、特殊詐欺に引っかかるも「いい人すぎる」と称賛殺到

■スーツ姿で登場

その後、スーツ姿の女子高生が被害者宅を訪れ、金融機関の職員を名乗ってキャッシュカードを受け取ったとのこと。女性が渡したキャッシュカードの口座からは現金100万円が引き出されているという。

調べに対して「受け取ったことは間違いない」などと供述し、容疑を認めている。

警察は、複数の人物が関わる詐欺グループによる犯行で、逮捕された女子高校生はいわゆる「受け子」の役割だったとみている。女子高生から携帯電話を押収し、通話履歴などから共謀した男を特定する方針とのことだ。

■特殊詐欺が多発

県警によると、県内では大手百貨店店員などを装い、キャッシュカードや通帳をだまし取られる被害が多発しているとのこと。犯人は、警察官、銀行協会、金融機関の他、百貨店などの社員を装って電話を掛けてくるという。百貨店社員を装う場合は、

「あなたのクレジットカードで買い物をした人がおり、カードが偽造されているおそれがあります。銀行協会のものから連絡が行きます。


その後預金を保護するため、銀行協会の職員が古いキャッシュカードを預かりに行きます。確認のため、暗証番号を教えてください」


といった電話が掛かってくるという。電話の後に、職員を装ったいわゆる「受け子」がカードを取りに行き、すぐにATMで現金が引き出されてしまうとのこと。また、キャッシュカードを受け取る際に、預り証を渡す犯人も。


■詐欺被害は身近に

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,400名を対象に調査したところ、全体の21.9%が「詐欺にあったことがある」と回答した。

詐欺

女子高生が詐欺に加担していた衝撃。大学キャンパス内でも、受け子の勧誘が行われており、特殊詐欺の最新動向に注意を払う必要があるだろう。


(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング