misono、番組で「メニエール病」発表 批判から一転、応援する声も

しらべぇ / 2019年10月7日 17時10分

写真

(画像はmisono公式ブログのスクリーンショット)

misono(画像はmisono公式ブログのスクリーンショット)

7日、歌手のmisonoがフジテレビ系『ノンストップ!』の番組内で自身の病気を告白。病名の発表と活動制限についてネットでは反響が続出している。


■ツイッターで活動制限を発表

1日、YouTubeのチャンネルである「misono ch」公式ツイッターにて、体調不良のためYouTube投稿を休止することが発表された。同時に投稿されたブログでは、活動制限や病名発表に関して『ノンストップ』を見てほしいと告知していた。

しらべぇ既報でも伝えた通り、以前に命に関わる病気であると発表したことから、「需要ない」「誰得?」と話題となり、急上昇ワードランキング1位に。


関連記事:misono、癌闘病を続けるNosukeの動画を公開 山田親太朗と「この病室なんやねん」

■『ノンストップ!』で病名告白

7日に放送された『ノンストップ!』では、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」と闘病する夫・Nosukeと個人事務所社長、タレント・歌手として活躍しつつ夫を支えるmisonoに密着。

タレント活動の中で異変を感じたmisonoは「こんな状況で休止とか言ってたらダメだって思ったんですけど、そろそろ、歌えなくなってきて…」と話す。

「耳がすごく痛い。起きたらめまいがあるから、めまいがおさまるまで待たないといけない」「舞台袖とかでも震えが止まらない」と現状を告白した。

■医師からは「休んで」

しかし「自分よりも頑張っている人は、私の周りにはいっぱいいるし、何よりもNosukeが一番頑張っていたので、もっとできると思いたかった」と思いを吐露。

その原因は「メニエール病」であることを発表。医師から「休んでください」と言われと話しつつ、「今のスケジュールでは、限界きたなって、限界を感じました」と続けた。

現在入っている今年中の仕事はこれまで通り続け、来年以降の仕事は制限することを決意したようだ。


■批判から一転

重大な病気に罹っているといいつつ病名を隠していたことや、『ノンストップ!』を見てほしいと宣伝していたことから叩かれていたmisono。

番組放送後には看病もしつつ、闘病とタレント活動を並行していたことが明らかになり、批判だけでなくエールを送る声も多く集まっている。

「ご主人もご病気なのにこれはすごく気の毒だと思う。大変だと思いますが、夫婦で力を合わせて頑張って欲しいと思う」


「メニエールは辛い。生死を彷徨うような病気ではないが、本当に辛い。しっかり休んでほしいと思う」


「実際に病気なった人しかわからないと思います。色々と苦労があり大変だと思いますが頑張って欲しい」


下手に情報を小出ししたことから多くの批判を受けてしまったmisonoだが、今回の密着で想像を絶する苦労をしてきたこともわかる。夫のNosukeと共に自身との病気に打ち勝ってほしいと願うばかりだ。


(文/しらべぇ編集部・Aomi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング