一人暮らししたばかりで? 20代は調味料の大量購入で困った経験多数

しらべぇ / 2019年10月14日 9時20分

写真

(Svetl/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

業務用スーパーや、格安店など、昨今は大量に安く買い物ができる場所が多い。とくに普段使わないような特大サイズなどは、テンションが上がって購入してしまう人もいるだろう。

しかし、それが調味料となると、使いきれずに困った経験のある人もいるのではないだろうか。


■4割以上が困った経験あり

そこで、しらべぇ編集部が、全国10代~60代の料理をする習慣のある男女887名を対象に調査したところ、「安いという理由で大量購入して困ったことがある」人は、全体の43.5%。

調査調味料

男女別では、男性は13.4%、女性は15.1%と、女性のほうが1.7ポイント高いものの、大きな差はないようだ。つい購入してしまう心理は男女で同じなのかも。


関連記事:無駄な出費だとわかっていても… 毎日コンビニを利用してしまう人の理由とは

■20代は一人暮らしで?

さらに年齢別で見ると、20代が一番の高ポイントで50.0%。次いで50代が45.6%という結果だ。

調査調味料

20代は一人暮らしをはじめた人も多いのかもしれない。そうすると、ひとり用の量に慣れてない場合も多く、困ってしまった経験があるのかも。

また、50代は子供が結婚して同居したり、孫ができたりする人も多い年代だろうか。家族が増える分、多く買っておかねばと思ったものの、使いきれないということもあるのかも。


■どんな調味料が?

塩や砂糖など、常時使うものなら、大量購入しても使いきれるだろう。では、どんな調味料だと困るのだろうか。

「ナンプラー。容量が多いけどたまにしかアジア料理は作らないから困った」


「バジルやシナモン。買ったことを忘れて必要なときに使わなかった」


昨今ではアプリなどで豊富なレシピを知ることも可能。どうしても大量購入してしまったら、しばらくは使い切るレシピを意識して、料理のレパートリーを増やしていくのもいいかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の料理をする習慣のある男女887名 (有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング