『リンカーン』大久保佳代子に異変… 松本人志も心配「どうした」

しらべぇ / 2019年10月17日 14時30分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

16日放送の『リンカーン芸人大運動会2019』(TBS系)に、「オアシズ」の大久保佳代子が出演。最終競技のリレーで足を引きずるような異変が見られ、視聴者からも心配の声があがっている。


■足を引きずる大久保

浜田雅功率いる「浜田組」との最終競技とあり、リレーは序盤から盛り上がりを見せていく。しかし、松本組は第3走者の「尼神インター」渚が、バトンゾーンで転倒してしまうアクシデントが発生。

その後、「FUJIWARA」の藤本敏史の激走で差を縮めるも、藤本からバトンを受け取った大久保に異変が。走り出しは順調そうに見えたものの、片足を引きずるような走りを見せ、思うようにスピードが上がらず。

その様子に、キャプテンの松本人志も「大久保さん、どうした?」と心配の声を漏らした。


関連記事:『リンカーン』でダウンタウン浜田が見せた優しい一面 「浜田さん素敵!」の声も

■視聴者から心配の声も

それまでの競技では、体を張って番組を盛り上げていた大久保。彼女の異変に、視聴者からも「大久保さん、足つっちゃったのかな?」「心配…」など、心配の声が。

また、派手に転んでしまった渚についても「渚さん、大丈夫だったのかな?」と、ケガの具合を心配する声が相次いでいる。


■団体種目で勝てず浜田組に完敗

リレーの結果は、1度も落とすことなくバトンをつないだ浜田組が快勝。松本組は、総合結果としても浜田組に大差で敗れる結末に。

松本は、とくに得点が高い全員参加種目の「イス取りとリレーを絶対負けてはいけない」という反省を踏まえつつ、結果に納得できない様子を見せていた。

一方で、視聴者からは、仲間の転倒をフォローし、必死に追い上げようと奮闘した松本組の激走に「みんな一生懸命走ってるの感動的すぎた」など、多くの反響が。残念な結果となったが、出演者たちの全力な姿は多くの視聴者の胸を打ったようだ。


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング