純烈・酒井、限界まで借金した過去を告白 「過払い金めっちゃ戻ってきた」

しらべぇ / 2019年10月21日 17時20分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

20日深夜放送『博多華丸のもらい酒みなと旅2』(テレビ東京系)に、4人組男性歌謡コーラスグループ・純烈のリーダー・酒井一圭と小田井涼平が登場。

苦労人でギャンブル好きの2人だが、酒井が「限界まで借金した」過去を明かし、博多華丸を驚かせた。


◼純烈とは?

中高年女性を夢中にさせるスーパー銭湯アイドル・純烈。2007年結成、2010年にはメジャーデビューを果たすも2012年に当時のレコード会社から契約を打ち切られる。その後、健康センターやスーパー銭湯で地道に営業活動を続け徐々に人気を獲得していく。

そうした苦労の末、2018年に夢だった『第69回NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。


関連記事:マダム熱狂!「銭湯で会える超美形アイドル」がブレイクの兆し

◼若手時代に借金400万円

長い下積みを経た苦労人の彼らだが、酒井と小田井はギャンブル好きな一面も。特に酒井は、若手時代、ギリギリの生活を続けた中で「限界まで借りていた」という。

2001年に『百獣戦隊ガオレンジャー』のガオブラックを演じた酒井だが、同作のオーディションに受かっていなければ「自己破産していた」と告白。最大で400万円まで借金が膨れ上がっていたと華丸を驚かす。

全額を返済後、しばらくしてから「過払い金」の存在を知り弁護士に相談。「過払い金めっちゃ戻ってきた」と100万円以上が戻ってきたと笑った。

◼視聴者は「ダメな人たち」

酒井も華丸も「返済できる限界は400万円」だと認識していた。それでも普通なら全額返済することが難しい金額だけに、『ガオレンジャー』の存在は酒井にとって、より大きなものとなっただろう。

視聴者はそんな酒井らの破天荒なエピソードを「元々ギャンブル好きでなかなかのダメな人たちで笑った」と楽しんだようだ。


◼約2割に「借金あり」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,365名を対象に調査をしたところ、全体の2割弱が「借金がある」と回答している。

家や車など高額なものを購入するときに借金をすることもある。借金全てが悪いわけではないとはいえ、酒井らのようにギャンブルにハマり、借金を膨らませるのは当然褒められたものではない。

それでも、完済し今では笑い話に使えるのだから、酒井にとってマイナスだけだったわけではないだろう。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日

対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング