うどんの「コシ」って一体何者? チコちゃんの解説に困惑も

しらべぇ / 2019年11月2日 8時20分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

1日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマの中でも「うどんのコシってなに?」に注目が集まっている。

うどんを評価する際に「コシがある」という言葉がよく使われるが、コシとは一体なんなのだろうか。その正体をチコちゃんが紹介してくれた。


■「網の目」

チコちゃんのテーマに対する回答は「網の目」という。この回答だけでは全く想像もつかないが、どういうことなのだろうか。

うどんのコシの正体は含まれているたんぱく質が関係している。うどんといえば炭水化物のイメージだが、原材料が小麦粉であるためたんぱく質が入っている。

たんぱく質に含まれるグルテニンとグリアジンという成分がコシの鍵を握っているという。グルテニンは弾力があり反発力が強いという特徴を持ち、グリアジンは粘り気が強くて切れにくいという特徴を持つ。


関連記事:「まるでうどん!」なグミが登場!?かなり強めのコシに驚愕

■たんぱく質を強力に

この2つをより強くする「小麦粉に食塩水を混ぜる」という工程がうどんづくりにはかかせない。この工程を経てグルテニンとグリアジンが結合しグルテンというより強力なたんぱく質に変化する。

グルテンは拡大してみると、網目状の構造になっている。この網目は、生地を踏めば踏むほど網目が絡み合う。さらに、その後生地を寝かせることでより網目の強度が増す。

網目の強度が増したグルテンを含む麺は、弾力があり噛みごたえのあるうどんを生み出してくれる。

こうして出来上がったうどんは、でんぷん90%、たんぱく質(グルテン)10%という構成になる。麺を茹でるとでんぷんが柔らかくなるが、たんぱく質はそのままになるので、コシはキープされることを紹介し、テーマを締めた。

■「網の目…?」

チコちゃんの「網の目」という回答に視聴者は、「網の目…?」「どういうこと?」といった困惑の声が相次いでいた。しかし、解説を聞くと「そういう意味か」「たんぱく質の状態の話なんだ」と納得がいった様子のコメントが多くなった。


■うどん派・そば派の割合は…

うどんの永遠のライバルといえばやはりそば。うどんとそばの争いは耐えないが、実際どちらのほうが好まれる傾向にあるのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,500人を対象に「うどんとそば」について調査を実施した。結果は大きく差をつけてうどん派が勝利した。

グラフ_1

回答だけ見ると疑問を浮かべてしまうこともあるが、やはりNHKの番組だけあって解説を聞くとすんなりと納得ができる。チコちゃんの人気がよくわかるテーマの解説だった。


(文/しらべぇ編集部・Aomi



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年1月16日~2015年1月18日

対象:全国20代~60代男女計1500名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング