パンサー尾形、サプライズで妻にプレゼント渡すも… 「顔面蒼白に」

しらべぇ / 2019年11月5日 16時40分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘の妻・あいさんが3日にブログを更新。かつて、尾形からもらったネックレスをなくした後の顛末をつづった。


■サプライズでプレゼント

そのネックレスは、交際中、尾形が店員と密談の上、サプライズで初めてのクリスマスプレゼントとしてあげたもの。だが1週間後、2人で出かけたスパリゾートの温泉であいさんが身体を洗っていたところ、ネックレスが取れて排水溝へと流れた。

当時、「顔面蒼白」「涙ながらに」清掃のスタッフに頼んだが、時既に遅し。取り出すことはできなかった。

尾形はネックレスをあいさんがつけていないことにその場では気づかず、数ヶ月経ってから「あれ? ネックレスは?」と聞いてきた。あいさんは「大事なものだから家に大切にとってある」とつい嘘をついてしまう。


関連記事:パンサー尾形、酔っ払って帰宅し妻が激怒 しかし「あるお土産」で反応一変

■謝罪をすると…

正直に謝罪をしたのは、半年後。尾形が後輩芸人に対し、クリスマスの思い出を語った時だ。引きつった笑顔で話を聞いていたあいさんに対し、後輩の1人が「つけてなくない?」と指摘。

その時は尾形が「家に大切に置いてるんだよね」と、信じ込んでいた嘘で返答。だがその帰り道、じつはなくしてしまっていたことを明かすと、尾形は「クリスマスのあとって買って1週間くらいってこと?」「全然怒ってないよ」とするも、顔にはっきりと怒りが出ていたという。


■今となっては…

「流れたならしょうがない! 過ぎたことだしな!」と気にしてない様子を出そうとするも、表情と言葉が合致していなかったとも。

だが今となっては、プレゼントの話をすると、尾形は「ショックすぎたわ…めちゃくちゃ高かったんだから。1週間はひどいわ」と言ってくるのだとつづった。


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング