浜崎あゆみ、話題の小説『M 愛すべき人がいて』が初映像化 YouTubeも本日公開

しらべぇ / 2019年11月8日 12時0分

写真

(©avex)

11月8日、話題のベストセラー、浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』の「ビジュアル・オーディオブック」が、dTV公式Youtubeチャンネルで公開された。

1stアルバム『A Song for ××』から2ndアルバム『LOVEppears』までの名曲に彩られながら、小説が朗読されるアニメーション作品となっている。


■名曲に隠された大恋愛を映像化

https://www.youtube.com/watch?v=hpeignQ3xGo&feature=youtu.be
この作品は、小説のクライマックスにあたる第5章「Mとの別れ」を映像化し、1999年、日本を席巻するトップスターとなった浜崎と、当時の恋人であった現エイベックス会長の松浦勝人の切なくも美しい別れの場面を描いた、朗読アニメーション。

次第にすれ違っていく2人の日々の中で生まれた『Boys & Girls』や『appears』など、様々な楽曲と物語が交差するミュージック・スペクタクルだ。当時の若者に強く共感された、孤独な女性の心を描いた歌詞とそこにまつわるエピソードは、ファンのみならず、すべての音楽ファン必見の内容となっている。


関連記事:浜崎あゆみ、宇多田ヒカルの曲をテレビで披露へ 「え…」「よほどお気に入り?」

■活字を目と耳で味わう新体験昨今では、小説などを朗読したオーディオブックが人気を集めている。その一方で、活字を目で追うことで、そのメッセージがより深く心に入ってくるというところに注目し、今回作られたのが「ビジュアル・オーディオブック」。これは、歌詞をモーショングラフィックスとして表示する機能をもつスピーカー、リリックスピーカーの技術も活用され、活字を目と耳で深く味わうことを目的に制作された。■監督は櫻木優平氏

また、文字の背景となるアニメーションを含む総合演出は、2019年1月に公開され、アヌシー国際映画祭の長編コンペティション部門にノミネートされた『あした世界が終わるとしても』を手掛けた櫻木優平監督。新世代のクリエイターたちが集い、平成の歌姫のストーリーを描いた。

なお、このビジュアル・オーディオブックの続編は、dTVにて12月上旬に配信が決定。まずは本作を楽しみつつ、続編にも期待しよう。


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング