和田アキ子、『おまかせ』出演時の國母容疑者語る 「全国ネットですよ…」

しらべぇ / 2019年11月10日 14時0分

写真

(ニュースサイトしらべぇ)

10日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたスノボ元日本代表・國母和宏容疑者について大きく取り扱われた。


■「残念…」と落胆する和田

アメリカから大麻を国際郵便で日本に送り、営利目的で密輸したとして厚生労働省麻薬取締部に逮捕された國母容疑者。じつは約9年前、同番組に出演していたという。

和田アキ子は当時の印象について「あたしはすごい気に入ったんだから」と語り、だからこそ今回の一件については「まさか彼がとは思えない。残念…」とショックを隠しきれない様子だった。


関連記事:シバター 、田代&國母逮捕で“救いたい”動画連投 「救いたい人が多すぎる」

■番組出演時の格好に唖然

またその際に「スタジオを騒然とさせたこと」として明かされたのは、出演時の格好だ。バンクーバー五輪の際には、会場に向かう途中の成田空港にズボンを下げた「腰パン」姿で登場し、問題視されたこともある國母容疑者。

公開された番組出演時のVTRには、タンクトップに短パン、サンダル姿の國母容疑者が映され、登場するなりスタジオを驚かせていた。

映像を観た和田は「短パンで、それでサンダルってなかなか…全国ネットですよ。(ただ)スノボをやってる子たちってファッションも含めてだから」と、唖然としながらも服装には一定の理解を示す一方で、今回の逮捕については「これはダメです」と断罪した。

■「結局ルールを守れない人」

視聴者には「腰パン」騒動を覚えていた人も多くいたようで、ネットからは「結局ルールを守れない人なんだと思う」「ひとつ何かを破ると、それが癖になる」と非難の声が。

一方で、「ファッションは表現だから大麻の問題とは別」「腰パン騒動と今回の問題を一緒に語ってはいけない」といった声も一部には見られた。


■住田弁護士の見解は…

番組準レギュラーの住田裕子弁護士は國母容疑者の今後について「実刑の可能性は初犯なので、2割から3割かなあという感じ」としながらも、「(密輸や営利目的であることが認められた場合)大麻の関係のなかで一番重い罪(が適用される)」と話した。

相次ぐ有名人による薬物絡みの事件。とはいえ、一般社会にも縁遠いいものとは言い切れないだろう。心が弱っている時などには、とくに注意が必要だ。


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング