フジモン、妻・木下優樹菜のタピオカ騒動を謝罪 「不快な思いをさせた」

しらべぇ / 2019年11月30日 13時30分

写真

(Makidotvn/iStock/Thinkstock)

お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史が30日放送の『特盛! よしもと 今田・八 光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)に出演。妻でタレント・木下優樹菜の“タピオカ騒動”を謝罪した。


■木下は活動自粛を発表

実姉が勤務するタピオカドリンク店の関係者に対し、インスタグラムのDMで、恫喝とも取れる内容を送っていたことが分かった木下。

この騒動を受け、今月18日に所属事務所を通じて芸能活動自粛を発表し「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」とファンに謝罪。

「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います」とコメントした。


関連記事:木下優樹菜が芸能活動を自粛 インスタグラムにコメントが殺到

■藤本も謝罪「申し訳ない」

冒頭、MCの今田耕司が「元気出せよ」と明るく話しかけたが、藤本は「めちゃくちゃ元気です」と覇気のない声で返答し「すいません本当に。ご迷惑をお掛けして申し訳ないです」と謝罪した。

さらに「奥さんも心配やわ。大丈夫なん?」という今田の気遣いに、「心配して頂いて本当にありがたい」としつつ「お相手さんに不快な思いをさせてしまったのが、一番反省するべきところです」とお詫びの言葉を重ねた。


■「非難されても当然」

一部では、夫の藤本を擁護する声も上がっているが、これに意見したのはゲストのほんこん。

「夫婦の問題は旦那にも責任があると思っている」と厳しく指摘した上で「かわいそうやと思うけど、一番かわいそうなのは言われた方や。嫁さんが復帰とかっていう話じゃなくて、“許す”って世間が感じ取れるものがあった時に出てきたらええがな」と持論を披露した。

神妙な面持ちで耳を傾けていた藤本は「『藤本は関係ない』ってよく言ってもらえるんですけど、でもやっぱり夫婦なので非難されても当然」と語っていた。

そろって謝罪の言葉を述べた藤本夫妻。この思いがタピオカ店オーナーに届くことを願うばかりだ。


(文/しらべぇ編集部・RT

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング