赤西仁と錦戸亮がコンビ結成!? 「期待」「契約書の内容が」

しらべぇ / 2019年12月7日 6時0分

写真

(画像は赤西仁公式ツイッターのスクリーンショット)

6日、タレントの赤西仁がツイッターを更新。元関ジャニ∞・錦戸亮とコンビを結成することを発表。発表はもちろん、2人が交わした契約書が話題となっている。


■ユニット名は「N/A」

ジャニーズを退所し、SNSなどで自由に立ち回っている2人が契約書にサインが書かれた画像が投稿された。2人は「N/A」というユニット名となる。

契約書の第一項には、「音楽制作、コンサート、テレビ、ラジオ、ビデオ、映画、写真集、コマーシャル、広告宣伝、舞台、イベント活動等その他一切の出演業務を甲乙双方合意のもと行っていくものとする」と記載しており、活動は様々な方向で展開していくようだ。

活動開始の告知ツイートには、N/Aの公式ツイッターとYouTubeの動画が添えられている。


関連記事:赤西仁、ジャニーズ圧力疑惑に言及 「よく言ってくれた」と称賛の声

■個性豊かな契約書

話題となっている契約書の中身は、「陰口が3回バレたら契約解除できる」「週刊誌にとられたら罰金10万円」「見ず知らずの女性にうつつ抜かし、軽率についていく様な行動はなるべく慎むようにする」といったユニークな項目が散見された。

他にも「明確に意思疎通出来るよう、なるべく大阪弁や英語を使わない事とする」「どんなに辛いことがあっても芸能界に媚びを売らない」といったことが書かれている。

■「期待できる」「契約書の内容が」

元ジャニーズで、ファンを多く抱える赤西と錦戸。この2人が組んで活動を始めるということで、ファンからは「活動楽しみすぎる。期待」「2人がどんな活躍するかな」といった声が。

投稿されたユニークすぎる契約書に「契約書の内容が…」「こんな契約書はじめてみたわ」といったコメントも多くみられた。


■以前にも…

しらべぇでも話題にしたが、赤西は2016年に俳優の山田孝之とユニット「JINTAKA」を組んだ過去がある。JINTAKAは、結成2ヵ月後に「音楽性の違い」を理由に解散している。

今回のN/Aも「すぐ解散してしまうのでは?」という声もあるが、どうなるだろうか。話題性・注目度ともに高い2人のユニット。今後の動向から目が離せない。


(文/しらべぇ編集部・Aomi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング