丸山穂高議員、議員ボーナスに満額支給に「アジャース」「ヒャッハー」と喜び

しらべぇ / 2020年6月30日 20時20分

写真

画像は丸山穂高議員Twitterのスクリーンショット)

丸山穂高衆議院議員が30日に自身のツイッターを更新。ボーナスが入ったことを写真付きで公開し、話題となっている。


■満額318万円の賞与

「議員ボーナス、アジャース」と独特の言い回しで切り出して「2割削減は毎月の歳費だけでボーナスは満額318万円、手取り214万円、維新も150万」と支給額を報告。

さらに続けて「歳費=月々給与はまだしもボーナスは賞与だよね? このコロナ禍、しかも給付金10万円もまだ届いていない方が多い中、国会や地方議員に賞与支給とはね」と政界に対して皮肉たっぷりにつづった。

議員ボーナス、アジャース!2割削減は毎月の歳費だけでボーナスは満額318万、手取り214万、維新も150万。歳費=月々給与はまだしもボーナスは"賞与"だよね?このコロナ禍、しかも給付金10万もまだ届いてない方が多い中、国会や地方議員に賞与支給とはねぇ。ヒャッハー!世の為になることに使いまーす♪ pic.twitter.com/qdNVCY8dzz

— 丸山 穂高 (@maruyamahodaka) June 30, 2020


関連記事:ボーナス満額支給が批判される国会議員 数を減らすべきだと思う割合は…

■批判の声はほとんどなかった

この投稿に対してネットでは「ボーナスに感謝する丸山さんはステキ」「しっかりと公開する議員は嫌いじゃない」「教えてくれてありがとう」という声が多くみられた。

他にも「経済をぶん回してください」「世のためにつかってください」などの声があがっており、批判の声をみることはほとんどなかった。


■肝心の仕事ぶりは?

丸山議員といえば物議を醸す発言が目立ち、テレビのニュースやワイドショーで批判の対象になることも多いが、肝心の仕事ぶりについてはどうなのか。

千葉県袖ケ浦市の市議会議員の根本駿輔氏は、11日に自身のツイッターで「丸山穂高議員といえばマイナスのイメージが強かったのですが…。偶然見つけた丸山議員の不動産取引に関する質問主意書が、非常に的確で驚きました」とつづっており、その丁寧な仕事ぶりに驚いたという声も確認できた。

大変失礼なことを承知で申し上げれば、丸山穂高議員といえばマイナスのイメージが強かったのですが…

偶然見つけた丸山議員の不動産取引に関する質問主意書が、非常に的確で驚きました。

不動産取引時の水害ハザードマップ活用等災害リスクの説明義務に関する質問主意書 – https://t.co/T2jWTVMC3C

— 根本駿輔@袖ケ浦市議会議員 (@nemoshunsuke) June 11, 2020

国民にさまざまな話題を提供する丸山議員。これからも言動だけでなく、その仕事ぶりで目立ってほしい。


(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング