ゴキ◯リ!イモリ!ワニ!横浜のとんでもない「珍肉店」は女子にオススメ

しらべぇ / 2015年8月28日 11時0分

写真

ゴキ◯リ!イモリ!ワニ!横浜のとんでもない「珍肉店」は女子にオススメ

sirabee0828ogasawara2-1

横浜市中区にある野毛。たくさんの飲食店でにぎわうこの街だが、その中に「とんでもない珍肉」を食べさせる名店があるのをご存知だろうか?

その名も、「珍獣屋」。ペットショップではない。ひっそりとたたずむビルの階段を上がると、メニューの看板を発見。

・ワニ皮ポン酢:680円
・カンガルーガーリック焼き:1280円
・ひよこの塩焼き(2羽):1280円

などなど、目を惹かれる料理がずらり。店内はどんなものかと恐る恐る入店。すると意外にもワインが並んでいそうなオシャレな空間。黒で統一された店員の制服が上品な雰囲気をかもしだしている。

sirabee0828ogasawara2-2

テーブル8席、カウンター7席のこぢんまりとした店内だが、すでに席がうまっている。

さて、今回、注文したメニューは...

・ゴキブリの唐揚げ(4匹)/1280円
・オオグソムシ丸揚げ/1980円
・成人ワニの手1本揚げ/3980円
・イモリの1本揚げ/1480円

の4品。料理を待っている間に隣に座った方に話を聞くと、前回は珍獣屋で女子会を行ったとのこと。オシャレな空間で珍獣を食すことが、女子の心をつかむポイントなんだとか。

■出た! ゴキブリの唐揚げ

sirabee0829ogasawara4

まずは「ゴキブリの唐揚げ」。小さくて女性が食べやすいサイズである。味は香ばしいエビのよう。レモンが添えられているため、後味がさっぱりしていてクセなく食べられる。

■『ナウシカ』の王蟲? いいえ、オオグソクムシの唐揚げ

sirabee0829ogasawara5

つづいて、見た目は大きなダンゴ虫のような「オオグソムシ丸揚げ」。ハサミで小さく切って食べるが甲羅が固いため少し食べづらい。

名前はともかく深海のアイドルという事もあり、ロマンを感じる方もいるのではないだろうか。

■焼酎にぴったり! イモリの唐揚げ

sirabee0829ogasawara3

人気のウーパールーパー1本揚げは惜しくも売り切れということで、なんとなく似ていると注文した「イモリの一本揚げ」。そのフォルムがあまりにも可愛らしく食べるのがもったいない。

肉感は無いが、焦がし醤油のような味がしっかりしているため、焼酎のつまみでちびちびと食べたい品物だ。

■爪もそのままに「ワニの手の一本揚げ」

sirabee0829ogasawara5

最後に「成人ワニの手1本揚げ」。出てきたのは肉の塊! ナイフ、フォーク、ハサミが添えられていたがかぶりつきたい衝動を抑えられない。脂、歯ごたえ、味、インパクト、全てパーフェクトである。

sirabee0829ogasawara2

そしてなんと、ワニの手を、真空パックにいれて持って帰れると言うのだ! 珍獣屋に来たら、ぜひとも頼みたい一品。今までにない女子会を求めるあなた、気になる女性を落としたいあなた、珍獣屋でワニの手も借りてみるのもいいかも。

sirabee0828ogasawara2-3

 【珍獣屋】
神奈川県横浜市中区野毛町1-45 港興産ビル3号館2階1号室
営業時間/17:00~23:00
定休日/曜日に関係なく珍獣仕入れ時店休※前日までに電話予約と確認が必要
(取材・文/しらべぇ編集部・小笠原奈々)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング