高田馬場で占いをはしご!預言カフェと神社カフェでお告げを聞いてきた

しらべぇ / 2015年10月27日 19時0分

写真

高田馬場で占いをはしご!預言カフェと神社カフェでお告げを聞いてきた

高田馬場といえば、早稲田大学。そして、お手頃な飲み屋やラーメン屋が多い「学生の街」という印象が強いという人も多いはず。しかし一風変わった不思議スポットがある街としても知られている。

(1)神のお告げを聞ける「預言カフェ」

予言カフェ00

何も話さなくても、その人のことを知ってたかのように神のお告げをいただける「珈琲専門店 預言CAFE」。約800円のコーヒーを一杯頼むと、無料で預言がついてくるというシステムだ。

オープンは14時。取材班が預言カフェに到着したのは13時半ごろだったが、平日にも関わらず多くのお客さんが訪れており、入店できたのは15時。

ちなみにだが、待つ間は外に並ぶ必要はない。時間が書いてある予約表に名前を書き、その時間になるとまた来店というシステムなのだ。

「主が言われます...」から始まるお告げの内容は3分ほど。言葉こそ抽象的だが、今の悩みを見透かされたような内容に驚きを隠せない。

【珈琲専門店 預言CAFE】
東京都新宿区高田馬場4-2-38 宏陽ビル1F
月~金/14:00~18:30(LO.18:15)
定休日/土日祝

(2)ビルの中にある癒やし空間「神社カフェ」

予言カフェ00

テナントビルの3階にのぼると、突如として現れるのが赤い鳥居。

「占いヒーリングカフェ×神社 神々の森神社」へ入ると、ヒノキの香りと小鳥のさえずりのBGMという癒やしの空間で、都会にいるとは思えないような内装の作りになっている。

また「カフェ」というだけあって、ここでは入場料500円で20種類ほどの体に良さそうなお茶が飲み放題。

そして肝心の占い料金は5000円で、占いをすると入場料は不要となりワンドリンクのサービスがある。ここの占いは典型的な占いではなく「占いセラピー」。

見てくれるのは、「認定産業カウンセラー・神職・占術研究家」の肩書を持つ北澤さんと、「産業カウンセラー・CDAキャリアカウンセラー」の肩書を持つ神野栖 さん。軽く雑談をしたあとに、今がどんな時期なのかを占いで見てくれる。

占い後、4枚の日本神話に基づいたカードをひき、引いたカードからどんな印象を受けたかを伝える。それを元にカウンセリングをしてもらったが、意外な対処法を導き出してくれた。

心がモヤモヤしたら高田馬場ですっきりするのもひとつの手段かも。

【占いヒーリングカフェ×神社 神々の森神社】
東京都新宿区高田馬場4‐13‐12 伊豆栄ビル3F
開門日時:火・木・土18:00~23:00(22:00受付終了)

(取材・文/しらべぇ編集部・ニートgoma)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング