【B-1グランプリ常連】愛媛県今治名物「焼豚玉子飯」はとろっとろ玉子が最強すぎる!

しらべぇ / 2015年11月24日 9時0分

写真

【B-1グランプリ常連】愛媛県今治名物「焼豚玉子飯」はとろっとろ玉子が最強すぎる!

愛媛県北東部に位置する今治市。しまなみ街道の入口、造船、また今治タオルブランドでも有名な愛媛県第2の都市です。

今治市7今治市6駅前はこんなかんじ。

今治市1

車通りはあるものの、歩行者はほとんどいません。

今治市4 商店街を歩いてみるとシャッターが閉まったままの店が目立ちます。

今治市2

このエリアで開いていたのは、着物屋のみ。

今治市3

省エネのためか、消灯したままです。

今治市5

昼間13時頃の様子。いわゆるシャッター商店街の様相を呈しています。

◆おばあちゃん家のようなお店で今治ソウルフードを味わう

そんな今治市で、街おこしの起爆剤として名を馳せているものがあります。それが、焼豚玉子飯。ご当地グルメのコンテストであるB-1グランプリでも2011年から毎年入賞している実力派です。

本記事では、この「焼豚玉子飯」のウマサと実力をご紹介します。

◆とろっとろの玉子が絡みつく

宝来

愛媛県今治市北宝来町2-2-19

宝来1

焼豚玉子飯は、今治市内にあった中華料理屋「五番閣」(現在は閉店)のまかない飯が発祥となっています。これがウマくて早くてボリューミーということで、その後、若い男子学生を中心に今治市の人気メニューとなりました。お店によって、特色が出ており、ひとつとして同じ焼豚玉子飯はありません。

ピザと組み合わせていたり、あんかけ風にしていたりとさまざま。玉子ひとつとっても半熟派と煮玉子派がいたり、玉子が3つ乗っていたりとバラエティに富んでいます。

宝来2

お店の中に入ると、なんだかおばあちゃん家にいるような雰囲気です。

飯1

玉子を崩して、焼豚ソースを混ぜてがつがつといきましょう。玉子と焼豚のパワーであっという間にエネルギーが漲ります。

(文/しらべぇ編集部・松岡佑季)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング