【ほっこり】山形県庄内地方の郷土料理レシピ!「んめさげ食べでみれ~」

しらべぇ / 2014年11月16日 13時0分

今年も早いもので、残すところあと2か月をきった。とくに寒い日には、「家に早く帰って、温かい美味しいごはんを食べたい!」と思うもの。そんな冬に美味しくなるのは、やはり寒さが厳しい北国の食べ物!

というわけで今回ご紹介するのは、山形県庄内地方に伝わる冬の郷土料理。一応解説しておくと、庄内地方とは山形県の日本海側の地域(おもに酒田市と鶴岡市)のこと。海の幸はもちろん、山の幸まで豊富な食材に恵まれている庄内地方。また、米どころとしても有名で、「楯の川」や「くどき上手」など有名な日本酒の製造も盛んに行われている。美味しい食材があふれる、まさに「食材の宝庫」なのだ。

今回は庄内出身の筆者が、数多くの郷土料理の中から厳選した、全国のみなさんに食べて頂きたい「んめ!(=旨い)もの」を紹介しよう。カラダの芯からあったまること、まちがいなし!

納豆汁

sirabee_nattouziru

納豆汁とは、様々な山菜や野菜などに、なめこ・豆腐・納豆などを加えた味噌汁のこと。「ただの味噌汁に納豆を加えただけでしょ?」と侮るなかれ。冬の厳しい寒さを耐え抜くための先人の知恵がつまった、「庄内人のソウルフード」と言っても過言ではない一品だ。

なめこや納豆を入れることでトロトロとした食感になり、とろみがあるぶん冷めにくい(これぞ先人の知恵!)。ひとくち食べれば、冷えたカラダを芯から温めてくれる。

<材料>

・納豆(たれなし) ・からとりの茎(乾燥) *味噌
・山菜(なんでも) ・なめこ          *酒粕(入れなくてもOK)
・木綿豆腐       ・長ネギ

①納豆をすりこぎで潰す。このとき酒少々を加えると潰れやすい。(ひきわりだと潰れすぎ)
②長ネギは輪切りにする。からとりの茎は水で戻してから輪切りにする。
③山菜や豆腐も食べやすい大きさに切る。
④鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら納豆以外の具材を入れて煮る。
⑤味噌で味付けをする。
⑥最後に納豆を入れて、できあがり。(※納豆を入れてからは沸騰させない!)

sirabee_nattouzirunozairyou1 sirabee_nattouzirunozairyou2

山菜や「からとりの茎」は庄内産の食材である。ちなみに「からとり」とは、「からとり芋」という庄内に伝わる里芋の一種。芋は煮物や汁物に、葉柄はゴマ和えやおひたしにするそう。そして葉柄を乾燥させたものが納豆汁や雑煮に…と余すところなく使える万能食材だ。

筆者の祖母曰く、「ネギいっぺ入れるほど美味しさげの~(訳:ネギいっぱい入れるほど美味しいからの~)」だそうで。

ハタハタの田楽

sirabee_hatahatanodenngaku

ハタハタはおもに日本海側で食用とされ、秋田県から山形県沿岸で獲れる、晩秋から初冬が旬の魚。特に産卵を控えたメスの大きなお腹には、「ブリコ」と呼ばれる卵がぎっしり詰まっていて、ぷりぷりとした食感やコクのある風味がとっても美味しい。

焼いたハタハタに甘塩っぱい赤味噌を付けて食べる、冬の風物詩ともいえる郷土料理が「ハタハタの田楽」である。

<材料>

・ハタハタ        *砂糖…………大さじ3
*水……………1カップ    *赤味噌………大さじ1.5
*だし昆布            *みりん………少々

①ハタハタは内臓を取って焼く。
②味噌だれをつくる。まず鍋に水200mlとだし昆布を入れ煮立てる。
③沸騰したらだし昆布を取り出す。砂糖、赤味噌、みりんをいれてかき混ぜる。
④とろみがつくまで煮立て、かき混ぜ続ける。(※5分くらい練り続ける)
⑤できた味噌だれを焼いたハタハタにかけて、できあがり。

箸を入れるとハタハタの身がほろほろとほぐれ、ほんのりと甘い白身と赤味噌だれとの相性が絶妙な一品だ。

以上紹介した二品は、毎年12月9日の「大黒様のお歳夜」という庄内の伝統行事でふるまわれる料理だ。この日は昔から「大黒様が妻を迎える日」とされており、畑作物や海の幸を食べて豊作と子孫繁栄を祝う。各家庭で納豆汁やハタハタの田楽、黒豆の煮物などを作るというのが習わしになっている。

年末に向け、これからさらに寒さが増してくるだろう。今回ご紹介した「庄内のあったか郷土料理」は作り方も簡単で、冷えたカラダをあっためるにはもってこい! 美味しい「山形冬の食」をぜひ味わっていただきたい。みなさんも一度作ってみては?

(文/しらべぇ編集部・かずきち http://sirabee.com/author/kazukichi/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング