楽しみにしていた今夜のオカズは?意外に少ない(?)和田アキ子さんの影響

しらべぇ / 2014年11月24日 15時0分

子どものころ、晩ご飯を楽しみにして家路を急いだ方は少なくないでしょう。親から告げられる今夜のごはん宣言は、子どもたちにとってその日の気分を決める上で重要な存在だったことは間違いないでしょう。

「今夜のごはん」と聞いて真っ先に思い浮かぶ人物の一人に和田アキ子さんがあげられます。TVCMにおいて、和田アキ子さんが「今日のおかずは麻婆春雨よ〜!」と口にすると、子役たちは強烈な喜びの声をあげます。このCMのように、麻婆春雨が子どもたちに与える影響力を考えると、夕飯は子どもたちにとって大変重要な意味を持っていたことがわかりますよね。

そこで今回は、男女815人を対象に、子どものころに楽しみにしていたオカズを聞いてみました。

20代:カレー・唐揚げ・ハンバーグ・焼き肉の四天王!

・子供の頃のカレーライスは喜びの対象(20代男性)

・ハンバーグ。子供の頃、大好きだったから(20代男性)

・クリームシチュー。つくってほしいと懇願してつくってもらったメニューだから(20代女性)

・からあげが好きなので割とうれしい(20代女性)

・焼き肉。 普段はめったに食べなかったから(20代女性)

30代:俄然強い四天王、カニや餃子に一票投じる者も

・餃子。腹一杯食べました(30代男性)

・エビフライ。好物だから(30代男性)

・カレー。今思い出すと涙が出てくる(30代男性)

・子供の頃はハンバーグ、カレーライス、すき焼き(30代女性)

・「カニづくし」と言われ、カニ鍋やカニサラダ、カニの天ぷらが出てきた。カニ好きだから喜ばずにはいられなかった(30代女性)

40代:カレーを支持する声多数!シチューなどオーソドックスなメニューが並ぶ

・カレー。部活から帰る途中、夕食のことを考えていて告げられると歓喜した(40代男性)

・お肉系。惣菜やに物が多く、肉と聞くとはテンションが上がった(40代女性)

・寒い日に食べるシチューは最高だった(40代男性)

・シチューが大好きでした!思い出したら食べたくなってきました(40代女性)

50代:和食をあげる声多数!松茸やビフテキは当時貴重だった…

・ビフテキ。当時は、ビフテキが出ることなど滅多になかったことだから(50代男性)

・松茸ご飯。懸賞で当たった松茸を全部を使ったので、山ほど松茸が入ったご飯ができた。見た目が凄かった(50代女性)

・小さいころ母の作る唐揚げが大好きだった(50代男性)

60代:卵焼きなど、当時の食生活が垣間見える結果に

・子供のころ、カレーライスが好きだったので「今晩はカレー」といわれたらうれしかった(60代男性)

・とんかつ。めったに食べられなかったから(60代男性)

・手巻き寿司だよと言われた時。寿司と刺身が好きなので(60代女性)

・昔は、タマゴ焼きがたべられなかったので「タマゴだよ」と言われたときはうれしかった(60代女性)

どの年代にも共通して見られた回答がカレーライスと焼き肉です。特に30〜40代では支持率が高く、ほとんどの方がカレーライスをあげていました。対して、60代になると卵焼きや刺身など、今では比較的手に入れやすい食材をあげる方が多く見られました。

今回の調査では、回答に麻婆春雨をあげた人はゼロ。和田アキ子さんの影響力はそこまで強くなかったという見方もできなくはありませんが、その原因に食の多様化をあげることもできるでしょう。今後、より一掃食の多様化がすすめば、各世代における子どもの頃の共通体験も失われていくのかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo https://qzoo.jp/public/landing/sirabee/ 」
調査期間:2014年11月14日(金)~11月16日(火)
対象:全国20代~60代の男女815名

(文/しらべぇ編集部・石川海老蔵 http://sirabee.com/author/ebizo_ishikawa/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング