【覚醒剤】松本人志が提案『薬物検査導入』案に賛成?

しらべぇ / 2016年2月28日 16時0分

写真

【覚醒剤】松本人志が提案『薬物検査導入』案に賛成?

©iStock.com/maxuser

©iStock.com/maxuser

清原和博の覚醒剤使用による逮捕は、芸能界にも影響をあたえている。親交の深かった長渕剛や国民的アイドルグループのメンバーなどに疑いがかかり、当人にとっては非常に迷惑な状況だ。

もちろん違法薬物には手を出してはいないと思われるが、ネット掲示板などで「アイツもやってるのではないか」と噂を立てられている。

そのような状況に憤った松本人志が『ワイドナショー』内で「芸能界にも薬物検査を導入したほうがいいのではないか」と提言。

薬物検査が導入されれば芸能人の覚醒剤使用を事前に防ぐことができるのではないだろうか?

■芸能界に薬物検査を導入するべき?

そこでしらべぇ編集部がアンケートサイト「マインドソナー」で「芸能界に薬物検査を使用するべきか」聞いてみた。

sasa

結果、51%の人が「導入するべき」と回答。芸能人の薬物使用や使用疑惑の噂に白黒はっきりつけてほしいと考えている人は多いようだ。

ちなみに爆笑問題が所属し、元マネージャーが覚醒剤使用で逮捕された「タイタン」は再発防止策としてすでに抜き打ちの覚醒剤検査を導入しているそうだ。

松本人志も「せめて吉本だけでも導入してほしい」と話しており、今後は薬物検査導入の機運が高まる可能性も。

■ファンに話を聞いてみると...

芸能ファンに話を聞いてみると...

「薬物検査は芸能界全体で導入するべきだと思います。検査の結果があればテレビ局もそれを見て安心できますし。これだけ逮捕者が相次いでいるのに検査に着手しないところがほとんどなのは異常にも思えます」(20代男性)「事前通告でやっても意味ないし、売れているタレントに陽性反応が出た場合もみ消しに走ることも考えられますよね。一番良いのはタレントを使う側が検査することかな」(30代女性)「もちろんやるべきです。あと、簡単にテレビ番組に復帰させるのもよくないと思います。いずれにしても、芸能界全体で問題意識を持たなばならないのではないでしょうか」(40代男性)「人気商売なので、不安との戦いから薬に走ってしまうのだと思います。薬物検査も必要ですけど、芸能人のケアも重要ではないでしょうか。でもなかなか難しいんでしょうね。芸能界の闇は深そうって感じがします」(20代女性)

酒井法子、ASKA、清原和博など、国民的有名人が次々に覚醒剤使用で逮捕されている現状は異常と言わざるをえない。やはり薬物検査を導入するべきかもしれない。

(取材・文/しらべえ編集部・佐藤 俊治)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング