恋人はHなほうがいい?「草食男子」と「不倫おやじ」の意識差

しらべぇ / 2016年3月27日 6時0分

写真

恋人はHなほうがいい?「草食男子」と「不倫おやじ」の意識差

セックスレス

©iStock.com/gmast3r

少子化が叫ばれている現代。しらべぇではこれまで、若者の絶食化が進む一方で、中年男性がヤりまくっている現状をお伝えしてきた。

20代男性のHしてる率は30代女性の半分!日本人の性生活を探る

【年代別「Hしてる率」】20代男子は「絶食化」!その2倍以上しまくってるのは?

この「性の集中」とでも言えるこの問題を、さらに裏付けるデータが新たな調査で明らかに。

■20代男性の草食化はいよいよ「エロ離れ」へ

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1348名を対象に、「付き合うなら、やっぱりエロい人がいい?」と質問したところ、興味深い結果が出てきた。

まずは男性の年代別で比較してみると、以下のような差が。

エロ離れ

未婚者が多く、まだまだ「遊びたい」と思いがちな20代男性が、男性の全年代でもっとも低い結果になったのだ。

今までの調査では、実際に「エッチしたか否か」など性にまつわる事実を多く聞いてきたが、今回の調査は「そもそも恋愛にエロを求めていない」という、意識面での絶食化を裏付けるものとなった。

取材班が該当の20代男性に話を聞いてみると...

「サークルで一番かわいい女の子が、バイト先の40代の既婚者子持ちおじさんと不倫をしていた時期があったんです。それ以来、清楚な見た目の子でも『じつは裏ですごいことをしているんじゃないか...』と思ってしまうようになってしまって...。

その子以外も恋愛慣れしたおじさんばかりと遊んでばかりで、同年代の発展途上な男子は無視。もう女の子が信じられなくなって、女性の性に対して嫌悪感すら感じるようになりましたよ」

驚くべきことに、中年男性が若い女性と遊ぶことで、20代の男性に対し、精神的なインポテンツを引き起こしていることすらわかった。気持ちはわからないでもないが、少々、潔癖すぎな印象も否めない。

■40代女性は欲求不満?

一方、女性の年代別データを見てみると、20代~40代でほぼ横ばいになっていることがわかる。これを、「20代の頃の性欲が40代になっても維持し続けている」と読み替えることもできるだろう。

エロ離れ

しかしながら、しらべぇの既報では30代女性と40代女性の間で、実際に最近1ヶ月以内にセックスした人の割合に大きな開きが出ているのだ。

エッチ2

性欲は変わらないのにセックスはできていない...つまり、欲求不満な40代女性が多くいることが上記の両データから読み取れるだろう。

セックスレスに心当たりがある既婚男性は、一度夫婦間の性生活を見直してみてもいいかもしれない。

また、先の「付き合うならエロい人がいい」の調査では、女性は50代になると19.4%から9.0%にまでガクッと下がっている一方で、50代~60代男性では、依然35%を超える高い数値を維持している。

これを既婚者間で限定して考えると、この「性の需給の不一致」が、昨今話題の不倫問題に影響していることは間違いないと言えそうだ。

(文/しらべぇ編集部・あくむちゃん)

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日
対象:全国20代~60代の男女1348名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング