今日は、旬のお花で乾燥対策。

スキンケア大学 / 2018年1月13日 12時10分

つぼみの部分を食べる花野菜、おなじみのブロッコリーもカリフラワーもじつは今が旬。驚くほど甘味があって、さっとゆでて熱々のところにマヨネーズをかけて…とそれだけでも十分においしいものです。
そして、うれしいことに免疫力アップやメラニン色素の生成の抑制、ストレス緩和の効果が期待できるビタミンCがカリフラワーには含まれています。
また、ブロッコリーには同じくビタミンCをはじめ、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラルなどお肌の乾燥対策に役立つ栄養素が豊富です。

<実践のコツ>

・ビタミンCは加熱すると壊れてしまい水に流れ出てしまいますが、電子レンジを使うと損失はほとんどないといわれています。
・また、カリフラワーのビタミンCは熱に強いといううれしい特徴が。いろいろな料理にプラスしましょう。

ブロッコリーの栄養で乾燥対策

免疫力を高めるカリフラワーの栄養について

スキンケア大学

トピックスRSS

ランキング