太ももの脂肪吸引手術の特徴と注意点

スキンケア大学 / 2017年6月16日 8時15分

太ももは脂肪が付きやすく落ちにくい部位です。また、それなりの脂肪の量もあるため、ダイエットやエクササイズでも効果が出にくいため、脂肪吸引手術に関心を寄せる人も多くいます。

太ももの脂肪吸引手術の特徴と注意点について説明します。

脂肪吸引の希望が多い太もも

理想の太ももは、筋肉と脂肪がバランスよく配置された状態です。しかし、人により骨格や筋肉の付き方は異なるので、脂肪が付き過ぎたり、筋肉が付き過ぎたり、脂肪と筋肉の両方が多過ぎたりと、悩みを抱えている人も少なくありません。

そのなかで脂肪吸引は、効率よくサイズダウンできると注目を集めています。

太ももの脂肪吸引手術は、脂肪吸引手術の中でも美的センスの必要な手術と言われます。

目指す太ももの形に沿って、医師は太ももの前側・後ろ側、太ももの内側・外側、太もも全体などの、脂肪を吸引していきます。

吸引にあたっては、カニューレと呼ばれる脂肪を吸引する管を挿入します。挿入場所は、吸入したい脂肪の位置によって変わります。

手術時間は、内容によって大きく変わりますが、2時間程度が目安です。ほとんどの場合は、入院の必要はなく、その日のうちに帰宅できます。

脂肪吸引のメリットとデメリット、リスクについて、詳しくは『正しく知りたい!脂肪吸引のメリットとデメリット』『脂肪吸引のリスク・危険性とは?』をご覧ください。

術後の経過とケア

太ももの脂肪吸引は、ほとんどの場合大量の脂肪を吸引することになりますので、身体へのダメージを心配する人もいます。しかし技術の確かな医師が施術する限り、太ももの脂肪吸引の影響で歩けなくなるようなことはありません。

1~2週間の腫れや筋肉痛のような痛みが数日間続く、ということはありますが、痛みは麻酔の効果もあって、手術の翌日から3日後には仕事に復帰できる人がほとんどです。

手術後は、ひざ下までくるガードル等で圧迫を行います。これは、腫れ防止を目的としたもので、数日装着したまま過ごします。ダウンタイムは吸引技術や部位、量などによって変わります。

脂肪吸引後に起こる皮膚の変化により皮膚が硬くなったり、つっぱり感を感じることがあります。この対処法としてはマッサージケアが有効。術後の不安を少しでも無くすためには、事前に術後の経過について確認しておくと良いでしょう。

脂肪吸引の経過とケアについて、詳しくは『脂肪吸引の手術直後に患部はどうなる?』『脂肪吸引後の圧迫固定と期間について』『脂肪吸引後の拘縮(硬縮・こうしゅく)の原因とケア方法は?』『脂肪吸引後に患部がボコボコになるって本当?予防・改善方法は?』をご覧ください。

脂肪吸引手術の料金は、クリニックによって異なるため一概には言えません。そのなかでも、とくに太ももの脂肪吸引は手術内容もさまざまなので、必要な費用も30~80万円と幅が大きくなります。

脂肪吸引の費用について、詳しくは『脂肪吸引の費用・料金はどのくらい?』を、クリニックの選び方について、詳しくは『脂肪吸引を行う美容外科・クリニックの正しい選び方』をご覧ください。

(この記事の監修:​ 湘南美容外科クリニック橋本院 院長 / 上原憂大 先生)

スキンケア大学

トピックスRSS

ランキング