バイエルン、DFベルナトが移籍を希望…ラフィーニャにも退団の可能性

サッカーキング / 2018年4月17日 11時18分

移籍の可能性を報じられたベルナト(左)とラフィーニャ(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 史上初のブンデスリーガ6連覇を達成したバイエルンだが、来シーズンに向けて選手が流出する可能性があるようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が17日に報じている。

 今回の報道で言及されているのは、ブラジル代表DFラフィーニャとスペイン代表DFフアン・ベルナト、両サイドバックの去就問題だ。ラフィーニャの代理人を務めるロジャー・ヴィットマン氏はすでに契約延長のオファーに断りを入れたという。バイエルン側は条件を見直した単年契約を再提示した模様で、交渉の行方に注目が集まる。なおバイエルンは、ラフィーニャの残留に固執しているわけではないという。

 そして現行契約が来シーズン限りとなっているベルナトは、移籍希望をクラブ側に伝えた模様だ。バイエルンは後釜の補強にも着手し、ケルンに所属するドイツ代表DFヨナス・ヘクターと接触しているという。

 サイドバックの2選手が今シーズン限りで退団する可能性が浮上しているバイエルン。今後、移籍市場での動向に注目が集まることとなりそうだ。

サッカーキング

トピックスRSS

ランキング