斉藤光毅「結果を残さないと同世代の人たちは…」…17歳のアタッカーが見据える世界との戦い

サッカーキング / 2019年4月23日 12時10分

横浜FCに所属する17歳の斉藤光毅が躍動している [写真]=金田慎平

「ドリブルしている最中に、自分の中で『(シュートを)打つ』って決めていた部分があった。うまく縦で相手を抜けて、(シュートの)角度を作ってGKのニアを抜けたのはよかったと思います」

 21日のJ2リーグ・ジェフユナイテッド千葉戦。17歳のアタッカー・斉藤光毅(横浜FC)は85分、味方GKのロングボールに反応。一瞬のスピードで抜け出し、左サイドでボールを受けた。ゴールライン際で相手DFを突破すると、右足を振り抜いて、豪快に右足を一閃。ゴールネットを揺らした。

 4月3日にプロ初ゴールを記録したばかりの若き点取屋にとって、自身2点目はチームの勝利を決定付ける貴重な追加点となった。

 横浜FCは1点ビハインドを背負っていたが、斉藤が流れを変えた。54分にピッチへ送り出されると、前線での推進力が攻撃陣を活性化し、試合のリズムはガラリと変わった。直後にイバのゴールで同点に追いつくと、82分には田代真一のゴールで逆転に成功。そして、最後は斉藤自らが決めて横浜FCは勝利を手にした。

 この華々しい活躍を間近で見ていた20歳年上の松井大輔も「シュートもすごくうまいし、自分の形を持っている。試合をこなすごとにだんだん強くなってきた。性格的にもすごい真面目だし、大きく成長するんじゃないかな。本当にいい選手だよね」と手放しで喜んだ。斉藤自身は、「チームが苦しい状態で自分が入って3点を取れたのは、自分のおかげってわけではないかもしれませんけど、結果が出たことはすごくポジティブに捉えて、今後の自信につなげられたらいいかなと思います」と安堵感をにじませた。

◆原動力は久保建英ら同世代たちの存在

 最近の際立った活躍の原動力には同世代の存在がある。久保建英(FC東京)や松岡大起(サガン鳥栖)、西川潤(桐光学園高/セレッソ大阪入団内定)らは斉藤と同じ2001年度生まれの同級生。一足先にJ1の舞台で経験している。

「結果を残さないと周りの同世代の人たちはすぐ上に行ってしまう。危機感はずっと持ってます。今シーズンは二桁得点を目標にやっているので全然満足してないですし、練習からもっともっと突き詰めてやっていきたい。自分のストロングポイントは狭いスペースを打開できることだったり、1対1や裏への飛び出しですけど、全部をもっと伸ばしていかないといけないという自覚はあります」(斉藤)

 千葉戦を視察に訪れていた日本代表の森保一監督も、「ハングリーにプレーしている。そういう若い選手がどんどん出てきてほしい」と、斉藤のひたむきな姿勢を評価していた。これには本人も「ありがたいです(笑)」と満面の笑みを浮かべた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング