ベニテス監督はマタ獲得を希望も…シェルヴィーの2倍の週給などがネックか

サッカーキング / 2019年5月22日 15時14分

今夏でマンUと契約満了を迎えるマタ(左)とニューカッスル最高給のシェルヴィー(右)[写真]=Getty Images

 ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は、マンチェスター・Uに所属する元スペイン代表MFフアン・マタの獲得に関心を示しているようだ。22日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 今夏でマンチェスター・Uとの契約が満了するマタには、アトレティコ・マドリードやバルセロナなどがフリーでの獲得に関心を示しているとされている。また、ベニテス監督もその創造性や経験値を高く評価しており、同選手の獲得がニューカッスルの復活に必要だと考えている模様だ。

 しかし、ニューカッスルが今夏の補強に動くためには、大前提として今夏までとなっているベニテス監督との契約を延長する必要がある。また、同クラブがマタを獲得するには、クラブの26歳以上の選手の獲得に関するポリシーを例外的に曲げる必要も生じるようだ。

 現在のニューカッスルで最も稼いでいるのは週給7万ポンド(約1000万円)を受け取っている元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴィーだが、マタはマンチェスター・Uからその2倍の額に当たる週給14万ポンド(約2000万円)を受け取っている。それもニューカッスルに同選手の獲得を難しくさせる要因になりそうだが、ベニテス監督をクラブに留めるためにマタ獲得に乗り出すことはあるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング