U-20イタリア代表が「ウノゼロ勝利」でGS2連勝…最終節で日本代表と対戦

サッカーキング / 2019年5月27日 7時49分

U-20イタリア代表が、U-20エクアドル代表を1-0で下した [写真]=Getty Images

 FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第2節が27日に行われ、U-20エクアドル代表とU-20イタリア代表が対戦した。

 U-20日本代表が第3節で対戦するイタリアは、試合が始まるとエクアドルにペースを握られる。しかし、GKアレッサンドロ・プリツァーリがファインセーブで凌ぎ、ゴールを割らせない。

 すると、イタリアがワンチャンスを仕留める。15分、ルカ・ペッレグリーニがクロスを上げるとジャンルカ・スカマッカが頭で折り返し、アンドレア・ピナモンティが右足ボレーで合わせる。これがゴールネットに突き刺さり、イタリアが先制点を手にした。

 エクアドルにも同点に追いつくチャンスがあった。前半終了間際にはVAR判定でPKを奪取。しかし、レオナルド・カンパーナが蹴ったシュートはまたもプリツァーリがセーブし、千載一遇のチャンスを逃してしまった。

 前半のうちに退場者も出したエクアドルは後半も粘りを見せたが、イタリアの牙城を崩すには至らず。1-0のスコアのままイタリアが試合を終わらせ、グループステージ2連勝を果たした。

 日本代表は26日に行われたU-20メキシコ代表との一戦で3-0と勝利し、1勝1分でグループBの2位につけている。30日にはイタリアと最終節を戦い、グループステージ突破を目指す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング