アザールがEL決勝に向けて意気込む「ただトロフィーを持ち帰りたい」

サッカーキング / 2019年5月28日 17時58分

意気込みを語ったアザール [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝に向けて意気込みを語った。28日、公式サイトがコメントを伝えている。

 チェルシーは29日にEL決勝でアーセナルと対戦する。マウリツィオ・サッリ監督が率いるチェルシーは同監督の初年度となる今シーズン、プレミアリーグで3位、カラバオカップでは決勝でマンチェスター・Cに敗れ準優勝に終わっている。そしてシーズンの終わりに行われるこのELが、タイトル獲得の最後のチャンスになる。

 アザールは公式サイト上で次のようにコメントし意気込みを語っている。

「僕にとって良いシーズンとは、40ゴールを決めたシーズンなんかではなく、最後に何かを勝ち取ったシーズンだ。もしELを勝ち取ったならば今シーズンはいい出来だったと言えるね」

「これはヨーロッパのコンペティションだ。僕だけではなく、クラブやマネージャー、ファンにとって重要なものだよ。決勝戦を戦うなら、それがチャンピオンズリーグ(CL)、EL、リーグカップ、どの大会でもそれは問題ではないんだ。勝ちたいし、トロフィーを持ち帰りお祝いしたい」

「僕らは3カ月前にEFLカップ決勝で敗れた。だからトロフィーを勝ち取り今シーズンを良いものにするため、EL決勝は頑張りたい」

 チェルシーで10番を背負うアザールを巡っては、シーズン後にレアル・マドリード移籍が有力視されている。未だ将来について話し合いが設けられていると伝えられる中、自身の去就にも触れている。

「僕はイングランドの他のクラブでプレーするつもりはない。ノーチャンスだ。僕はブルーズだよ!」

「とにかくトロフィーを獲得したい、それだけだ。僕がゴールを決めるかどうかではなく、ただトロフィーを持ち帰りたい。もしこれが僕の最後の試合になるのなら、勝利できることを願っているよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング