後世に語り継ぐべきドラマチックな大会に…今季のCLで起こった史上初の出来事

サッカーキング / 2019年6月4日 18時30分

今季のCLで起こった史上初の出来事 [写真]=Getty Images

 リヴァプールの優勝で幕を閉じた2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。約1年にわたって行われた欧州最高峰の戦いでは、これまでに類を見ないほどのドラマが誕生した。そこで今回は、今シーズンのCLで起こった“史上初の出来事”をおさらいする。

◆■CL本戦初出場

今大会のグループステージを戦った32チームで唯一の“初出場”となったのが、セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズダだった。昨シーズン、32勝4分け1敗の成績でセルビアリーグを制し、今シーズンのCLプレーオフに挑むと、ザルツブルクを下して本戦出場権を獲得。大会名が「チャンピオンズリーグ」へ改称されて以降、初のグループステージ出場を果たした。本戦ではパリ・サンジェルマン、リヴァプール、ナポリが同居するグループCに入ると、最下位での敗退を余儀なくされたが、ホームのリヴァプール戦では2-0と完封勝利。昨シーズンのファイナリスト(そして今シーズンの王者!)を相手にジャイアントキリングを達成してみせた。

◆■驚異の20シーズン連続出場

今大会はベテランの健在ぶりも光った。ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスは、グループステージ第1節シャルケ戦に出場したことで、史上初となる20シーズン連続のCL出場を達成。レアル・マドリード所属時の1999年、18歳でCLデビューを果たしてから37歳で迎えた今大会まで、20年連続で欧州最高峰の舞台に立った。元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏は19大会、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏は17大会出場を記録しているものの、連続出場ではない。サッカー選手のなかでも息の長いGKというポジションとはいえ、偉大な記録を樹立した。

◆■予選2回戦からの勝ち上がり

“敢闘賞”に輝くチームがあるとすれば、アヤックス以外には考えられないだろう。昨シーズンのエールディヴィジを2位で終えた彼らの今シーズンのCLは、2018年7月25日に行われた予選2回戦からスタート。オーストリアのシュトゥルム・グラーツやベルギーのスタンダール・リエージュ、ウクライナのディナモ・キエフを破り本戦に勝ち進むと、グループステージではバイエルンやベンフィカといった強豪が同居する組を2位で突破。決勝トーナメントに入っても快進撃は止まず、レアル・マドリード、ユヴェントスを破って、“欧州4強”まで辿りついた。トッテナムに敗れてファイナル進出は逃したものの、予選2回戦から準決勝まで勝ち進んだのはCL史上初のこと。今シーズンはCLだけで18試合を戦ったが、これはエールディヴィジのシーズン試合数(34)の半数を上回る。

◆■ホーム0-2からの大逆転

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング